QuickWiFi - Flipswitchを使ってWi-Fi接続先をすぐに変更できるiOS10対応のTweak


iPhoneを自宅で使用していて、リビングと寝室で距離があり、別のWi-Fiルーターを使用したいと考えたことはなかったでしょうか?

通常なら、設定アプリからWi-Fiを開いて接続先を変更するのですが、毎回やるとなると非常手間に感じます。

今回作成した「QuickWiFi」を使用すれば、ホーム画面やアプリ上から簡単にWi-Fiの接続先を変更できるようになります。

QuickWiFiの機能


ベースとなっているものは「WiPi」というActivatorのTweakです。

BigBossからリリースされているのは、iOS 8までの対応となっており、「WiFi - The Strongest Link」という自動的に強い電波に切り替えるTweakも購入したのですが、うまく動作しない(ネットワークが頻繁に切れる)状態だったため「QuickWiFi」を作成しました。

対応機種

脱獄しているiOS 8からiOS 10.2までのiPhone、iPod touch、iPad

使用方法

ActivatorアクションやPolus/FlipControlCenterなどにQuickWiFiを割り当てて、実行してください。



実行すると、Scanning...と表示され、Wi-Fiピッカーが表示されます。



あとは、接続するSSIDを選択すれば完了です。

既知の問題
  • ロック画面で実行すると2回表示される。
    (パスコードロック時は実行できません)
  • Cancelをするとたまに2回表示される。

QuickWiFiのインストール


ichitasoリポジトリからインストールできます。

https://cydia.ichitaso.com


Tweakセクションにあります。




WiPiの作者の方と連絡してみたところ、アップデートを行うとのことです。

WiPiはコントロールセンターもhookしており、WiFiの長押しでも機能するようになっています。個人的にFlipswitchをインストールしている時は、設定のWi-Fiを開きたいので、設定で変更できるようにプルリクエストしようかと思っています。

また、QuickDoなどを使用されている方の場合、Activatorを入れたくない方もいらっしゃるかと思い、Flipswitchで動作させるように作成してみました。

何かありましたら、コメントかTwitterで教えてください。

それでは!