iOS 11.2の絵文字を脱獄した古いiOSのiPhoneで使用する方法

2017/11/07 21:25


2017/11/1 iOS 11.1がリリースされ新しい絵文字も多く追加されました。

ただし、iOS 11は現在のところ脱獄できません。

そこで、脱獄した古いiOSデバイスでもiOS 11の絵文字を利用できるようにする方法を紹介いたします。



追記:iOS 12.1の絵文字フォントになりました。



PoomSmartさんの方法で行います。
Ultimate Guide for EmojiPort

EmojiPortのインストール


1)以下のリポジトリを登録してください。

https://poomsmart.github.io/repo/

2)自分のiOSのバージョンにあったEmojiPortをインストール



今回はiOS 9.0.2のiPhone 6s+にインストールしたので、「EmojiPort (iOS 9.0-9.3)」をインストールします。

iOS 10の場合は「EmojiPort (iOS 10)」



その他に必要なパッケージが一緒にインストールされます。

現在の絵文字フォントをバックアップ


はじめに、BytaFontなどで絵文字フォントを変更している場合はオリジナルのものに戻して下さい。

Filza File Managerなどで現在の絵文字フォントをバックアップします。

「/System/Library/Fonts/Core/」に移動



この2つのファイルの末尾に「.bak」とリネームして保存します。



iOS 11.2の絵文字フォントをダウンロード


以下のLinkから、自分のiOSにあった絵文字フォントをダウンロードしてください。

[email protected] (iOS10以上)

[email protected] (iOS9以下)



「Filzaにコピー」でダウンロード



「/System/Library/Fonts/Core/」にカットして移動

最後に、RespringするとiOS 11.2の絵文字が利用できるようになります。



今まで表示されなかった絵文字も表示されるように!


Twitterなどで新しい絵文字があるときちんと表示されませんでしたが、EmojiPortのお陰できちんと表示されるようになりました!

Before


After


iOS 11の脱獄がリリースされるか分かりませんが、旧iOSで利用されている方は試してみてもいいかと思います。