iOS 12.4.1とiOS 13.1 / 13.1.1の署名を停止。futurerestoreによるiOS 12.4のダウングレードが不可能に!


2019/10/05 Appleは、iOS 12.4.1とiOS及びiPadOS 13.1 / 13.1.1の署名を停止しました。

これにより、futurerestoreによるiOS 12.4のダウングレードが不可能に。

現在Appleで署名されているiOS / iPadOS 13.1.2以降のみ復元が可能となりました。



futurerestoreによるiOS 12.4のダウングレード


iOS 12.4とiOS 13.x/iPadOS 13.xのSEPファイルには互換性がない

復元中に以下のエラーが出ます。

「ERROR: Unable to receive message from FDR 0x7ff 94 f 1240 e0 (-2). 0/2 bytes」



つまり、iOS 12.4への復元は一切できなくなりました。

iOS 12.4.2のIPSWがある以下のデバイスは除く

  • iPhone 5s/SE/6/6 Plus/6s/6s Plus
  • iPad Air/iPad Air2/iPad mini 2/iPad mini 3/iPad mini 4
  • iPod touch 6G

checkm8を使ったApNonceのセット



thimstar氏がBootRom exproit「checkm8を利用した、ApNonce(generator)値のセットを可能にするツールを開発中でしたが、iOS 12.4の署名がストップされたため、iOS 12.4.1/13.xからiOS 12.4へのダウングレードができなくなりました。
[日本語訳]

checkm8の便利な機能はこれが最初だと思います。

基本的には、どのバージョンのpwn iBSS/iBECでも起動でき、次の起動時に読み込まれるジェネレーターをリカバリーモード時に設定できます。
--
iPhone XsなどのA12(X)デバイス以降は利用できませんが、今後はiOS 13.1.2以降で利用されるようになるかと思います。shsh2の保存は必須なので、保存しておきましょう。





仕組み的には「irecovery」を使って「pwn iBSS/iBEC」をUSB経由で送り、generatorの値をセットするようです。




Chronic氏もcheckm8を利用した脱獄ツールを開発予定




GreenPois0n Absinthe」などのツールをiOS 5時代にリリースしてきた「Chronic Dev Team」のリーダーであるChronic氏が「checkm8」を使った新しいツールの開発に着手するようです。

A12(X)デバイス以降は対応していませんが、iOS 13の脱獄に期待したいところですね。