WindowsのVMwareにインストールしたMac OS X Lionを10.7.2へアップデートする方法

WindowsにMac OS X Lion をインストールする方法 』で紹介したLionを、通常のソフトウェアアップデートでVer.upすると、起動後の林檎マークから動かなくなり起動しなくなってしまいます。
そこで今回は、簡単に10.7.2へアップデートする方法と起動しなくなったLionを復元する方法を紹介します。

Mac OS X Lionを10.7.2へアップデートする方法

1. 「MacOSXUpdCombo10.7.2.dmg」と「mac-os-x-lion-10.7.2-update-fixer.zip」をDL [Link]
Mac OS X 統合アップデート 10.7.2
OS X Lion 統合アップデート 10.7.3
mac-os-x-lion-10.7.2-update-fixer.zip

※10.7.3の場合も手順は同じです
※10.7.4にアップデートした場合、正常に動作しなくなるため注意 2. 「MacOSXUpdCombo10.7.2.dmg」を開き「MacOSXUpdCombo10.7.2.pkg」を実行する

3. 「インストールが完了しました。」まで進めて、再起動せずそのままにしておく

4. 「mac-os-x-lion-10.7.2-update-fixer.zip」を解凍し.pkgを実行する

インストールが終わってから再起動をクリック

以上で終了です。

動画でのチュートリアル

「Mac OS X 10.7.2 Update Fixer」を実行すると、AppleLSIFusionMPT.kext、IOHIDFamily.kextが修正されるようになっています。他に問題が発見されたら追加していくとのこと。
via Soul Dev Team

起動しなくなったMac OS X Lion 10.7.2を復元する方法

1. VMwareの仮想マシン設定の編集から「ハードウェアの追加」

ハードディスクを選択し「次へ」 2. 「既存の仮想ディスクを使用」を選択

3. 「参照」からインストール時に使用した「Lion_installer.vmdk」を選択し追加

手順通り行っていれば、最初にVMwareでSnow LeopardをInstallした「Snowy_Vmware_filesSnowy_VMMac OS X Server 10.6 (experimental).vmwarevm」のディレクトリ内にあります。
4. 仮想マシンの再生でVMwareのロゴが表示されている時に「c」キーを押下
「Boot Manager」を選択しEnter
5. 「EFI VMware Virtual SCSI Hard Drive (2.0)」を選択しEnter
(設定によって2.0の数字が違う可能性があります)
6. Mac OS X インストーラーが立ち上がったらユーティリティ>ターミナルを起動
7. 以下のコマンドを1行ずつ入力する
cd /Volumes
cd Macintosh HD/System/Library/Extensions/
rm -r AppleLSIFusionMPT.kext
cp -r /System/Library/Extensions/AppleLSIFusionMPT.kext .
chmod -R 444 AppleLSIFusionMPT.kext
Macintosh HDの部分は、LionをインストールしたHDの名前です。
JISキーボードでバックスラッシュを入力する場合 ] キーが該当します。
8. 仮想マシンのパワーをオフし設定から「Lion_installer.vmdk」を削除 あとは、立ち上げて「Mac OS X 10.7.2 Update Fixer」を実行→再起動で完了です。