Windows上のVMwareにOS X 10.11 El Capitanをインストールする方法

   

elcapitan-on-windows-vmware-top

2015年9月30日に無料でリリースされた『OS X 10.11 El Capitan』をWindows上のVMwareにインストールしてみたので紹介いたします。

必要なもの/環境

  1. インテル バーチャライゼーション・テクノロジーに対応したCPU
  2. Mac本体もしくはVMwareで作成したOS X 10.10以降の環境

    Windows上のVmwareにMac OS X Yosemiteをインストール | Will feel Tips

  3. VMware-workstation-10.0.2-1744117.exe.tar
    7zなどで解凍(実際に使用するのはPlayerのみでOK)
  4. unlock-all-v130.zip:VMware Unlocker for OS X – InsanelyMac Forum
    (会員登録が必要なためLinkを後述)
  5. OS X El Capitan- Mac App Store

※VMware Workstation 11/Player 7以降ですとエラーとなりました。

VMwareをMac OS Xに対応させる


「VMware Workstation」をインストール後、「unlock-all-v130」にてWindowsでもMac OS Xを認識させるようにします。

Link:unlock-all-v130.zip

展開後:

unlock-all-v130->windows->install.cmdを右クリックから管理者として実行

以上で完了です。

OS X 10.11 El Capitanのインストールディスクを作成


「OS X El Capitan」のダウンロードにとても時間が掛るので、寝る前などにダウンロードしておきます。


ダウンロードが完了したら『OS X 10.11 El Capitan』のインストール画面になるので「⌘+q」で閉じます。

1.インストール済みの「OS X 10.10 Yosemite」の仮想マシン設定の編集を開く>ハードディスク(VMDK)ファイルを追加

ハードウェアタブ>追加>ハードディスク>仮想ディスクの新規作成>SATAディスク最大サイズを60GB以上、仮想ディスクを単一のファイルとして格納



名前を「OS X 10.11 El Capitan.vmdk」にしておきます。

2.OS Xを起動し追加したディスクを初期化

パーティションタブを選択
ボリュームの方式:2 パーティション
オプション:GUID パーティションマップ
パーティション1の名前:Installer サイズ:8GB
パーティション2の名前:Macintosh(任意)
フォーマット:Mac OS 拡張(ジャーナリング)



適用してフォーマットします。

3.Boot用ディスクの作成

1)作成した新規ディスクのInstallerに下記コマンドでインストールDiskを作成

sudo /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Installer --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app --no interaction

2)完了後、右クリックで作成したディスクを取り外しシャットダウンします。

以上でインストールディスクの完成です。

OS X El CapitanのSetup


1)VMwareを立ち上げて「新規仮想マシンの作成」をクリック

2)「後で OSをインストール」を選択する

3)ゲスト OSを「Apple Mac OS X」の「Mac OS X 10.9」にする

4)名前を「OS X 10.11 El Capitan」にする

5)仮想ディスクを単一ファイルとして格納(容量は任意)

6)完了後、Yosemiteで追加したハードディスクをVMwareの設定から削除

7)一度VMwareを終了させ、Yosemiteの入っているフォルダから「OS X 10.11 El Capitan.vmdk」を「OS X 10.11 El Capitan」フォルダに移動して置換

8)「OS X 10.11 El Capitan.vmx」をテキストエディタで開き、以下の項目を追加、保存

keyboard.vusb.enable = "TRUE"
keyboard.vusb.idVendor = "0x0000"
keyboard.vusb.idProduct = "0x0000"

OS X El Capitanのインストール


1)「OS X 10.11 El Capitan」を選択「仮想マシンの再生」をクリック

2)立ち上がったら日本語を選択しOS Xをインストール



3)作成した「Macintosh」を選択してインストールします。


あとは、何度か再起動されインストール完了となります。

インストール後の設定


1.Rootlessを無効にする

Terminalを起動して以下のコマンドを実行し再起動

sudo nvram boot-args="rootless=0"

2.VMware Toolsのインストール

CD/DVD(IDE)の項目からISOイメージファイルを設定

unlock-all-v130->tools->darwin.isoを読み込ませ、VMware Toolsをインストール


インストール後、再起動するとディスプレイのサイズやドラッグ&ドロップなどが出来るようになります。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWillFeelTipsをフォローしよう!


  関連記事

【Hackintosh】OSx86 WinPCにMavericks 10.9 DP2をインストール

夢見る連載企画第4回目、今回は秋に登場予定のOS Mavericksです。 『M ...

macOS Sierra Public BetaをWindows上のVMwareにインストールする方法

WWDC2016で発表された次期macOS 10.12 SierraのPubli ...

【Hackintosh】OSx86 WinPCにMountain Lion 10.8をインストール

夢見る連載企画第3回目、今回は現在Macの現行OS Mountain Lionで ...

【Hackintosh】OS X 10.11 El CapitanをWindowsPCにインストールする方法

今回は「UniBeast」を使って、WindowsPCにMac用のOS X 10 ...

Windows上のVMwareでOS X 10.9.2 Mavericksをインストールする方法

以前「Windows上のVMwareでOS X 10.9 Mavericksを動 ...

 - Hackitosh, VMware