MNOのSIMが欲しくてMVNOからMNPでiPhone 6s Plusをもらいました

      2017/01/20

iphone6s-plus-top

2014年からMVNO大手のIIJmioをApple Storeで販売しているiPhoneで利用していましたが、混雑した場所での速度が遅く気になっていました。

そこで先日、iPhone 6s PlusをゲットするとともにMNOのauへMNPしました。

MNO MVNOとは?


MNO:Mobile Network Operatorのことで、通信事業者のことを指します。

docomoやau、ソフトバンクなどのキャリアサービスのことですね。

MVNO:Mobile Virtual Network Operatorの略です。

仮想移動体通信事業者と呼ばれていて、docomoやauのネットワークを利用して、消費者にサービスを提供している事業体の事を指します。

格安SIMと呼ばれるIIJmioやOCNモバイル、Y!mobileなどがあります。キャリアの電波を自社の設備で提供する分、安いけど通信速度が遅くなります。

参考:MVNO SIM 比較 - iPad mini Retinaシムフリー版でU-mobile, IIJmio, Biglobe 三社を検証してみた

下りの速度で言うと、LTE接続で「5Mbps」出ればいい方です。



それが、キャリアのSIMだとこれくらいは出るようになりました。

なぜauにしたのか?


簡単に言うと、家のネット回線が「auひかり」なので「スマートバリュー」という割引が適用されるからです。月額で言うと▲1,522円割引されます。

具体的な月額料金

「LTEプランとLTEフラット」
(au同士の通話代が日中無料、家族との通話が無料、7GBまで無料)

『2,371円/月』です。

これは2年で更新なので、2018年7月~8月にMVNOに戻ればOKになります。

(IIJmioミニマムスタートプラン:約1,800円/月)

機種代

月々の使用料は上記ですが、別途機種代が必要です。

iPhone 6s Plus 64GBで購入したので、109,920円ほど掛かりました。

Apple Storeで購入すると、109,944円なので殆ど同じです。

SIMロックの件は、180日経過すれば解除できるようになっていますので、昔のようにそのキャリアのSIMしか使えないといったことは心配なくなりましたね。

au夏フェスのキャンペーン

2016/6/10から6/27までの期間、新規・MNPでスマートバリューを契約すると13,000円のキャッシュバックがあります。これはau WALLETというプリペイドカードに入金されますが、クレカと同じようにコンビニなどで使用できます。

機種代からその分引いてあげると96,920円でiPhone 6s Plus 64GBが手に入った事になります。また現在、「iPhone SE イチキュッパキャンペーン」というのも開催しているので、端末代を除いてiPhone SEが、最大2年間月額1,980円で利用することができます。

auひかりは速度も十分で、スマートバリューでかなり安くなるのでオススメです。



参考:iPhoneからVPNを利用して3G/LTEで自宅PCをWol・遠隔操作する方法

なぜiPhone 6s Plusにしたのか


理由は2つあります。
  1. iPhoneシリーズで6s Plusを所有していなかったから
  2. 流通量が少ないため、脱獄可能なiOSのバージョンが手に入れられるから

1番目については、ただの趣味です。

初代iPhoneからiPhone SEまですべて揃いました。

参考:初代iPhoneを購入し、既存のiPhoneが全て揃いました

2番目については、少し店の方に協力してもらう必要があります。



こちらと



こちらを比較して、箱の裏に書かれているシリアルナンバーから製造年と製造週を確認します。

iphone6_serial_numers

つまり、4桁目がQで5桁目が1からKまでのシリアルナンバーであれば、iOS 9.0.2かiOS 9.1になります。週番号の出し方は、設定の「メール/連絡先/カレンダー」→「週番号」をONにすると純正カレンダーで確認できます。



というわけで、無事 Jailbreakできるデバイスが手に入りました。

6s Plusの大きさを利用して手帳型ケースでお財布とiPhoneを合わせる




iPhone 6s Plusは、SEに比べると大きくて場所をとるため、手帳型のケースで財布を持ち歩かないような使い方を考え出しました。もちろんSIMフリーのiPhone SEにSIMを挿せば使えるので、気分で変えようかなと。



というわけで吟味した結果、こちらの「iPhone6S Plus ケース Labato®」を購入しました。SUICA機能付きのクレジットカードと免許証、会社のカードとお札が何枚かあれば十分かなと思います。

他にもありますので、「iPhone 6s Plus ケース特集」を参考に見てみて下さい。

次回は、iOS 9対応のおすすめ脱獄アプリ・Tweaksを紹介したいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWillFeelTipsをフォローしよう!


  関連記事

クリアな音声で録音できるiPhone用Audioマイク『The iPhone Boom Mic』

iPhone 4Sで8メガピクセルのiSightカメラを搭載したことにより、最大 ...

iTunes StoreのアプリやMac App StoreのLinkを手軽に紹介できるAppHtmlメーカー PHG対応版

iOSアプリやMac用アプリをブログで紹介する時に便利なAppHtmlメーカーで ...

脱獄なしでテザリングできる!iPhone,iPadアプリ*Rock Paper Scissors*

以前からアップルの審査をくぐり抜けてApp Storeに登場したテザリングアプリ ...

AppleがiOS 9.3.2、iTunes 12.4をリリース!脱獄犯はその場で待機

本日、AppleがiOS 9.3.2とiTunes 12.4をリリースしました。 ...

iPhoneの画面をロックさせたまま表示を回転できるJB Tweak!『UIRotaion for Activator』

iPhoneなどで、普段画面の回転をロックさせて使用している方が多いかと思います ...

 - iPhone