iPad Pro 3 2018モデルをDFUモードに入れる方法


2018/11/7に発売されたiPad Pro 2018年モデルですが、発送元が北海道のため本日手元に届きました。

レビューなどは多くのガジェット系メディア記事が紹介しているので、別の角度で紹介したいと思います。

りんごのあめを食べていたらiPad Pro 3 2018年モデルが届いた



注文したのは11/3の夜19:30くらいで、Apple Store Onlineではすでに発送予定が11月中旬となっていました。

そこで価格コムを覗いてみると、ノジマオンラインさんが「発売前予約」と書いてあったので注文してみました。

ビックカメラ」にも在庫があるようです。



iPad Pro 11インチのWiFi 64GB スペースグレーを注文しました。

厳重梱包やクロネコヤマトなどを選択しないで一番安いもので、96,972円!(税込み)自分にとっては高い買い物です。

11/6に発送されて、佐川からきちんとした梱包で無事届きました。



絵は描かないのでApple Pencilは要らないのと、キーボードカバーは高すぎるので買いませんでした。

DFUモードに入れて新しいiPadとして復元


開封して簡単に初期セットアップしましたが、宗教上の理由でDFUモードからまっさらな状態にIPSWファイルを使って復元しました。

参考:iOS 10 or later IPSW Download Links

事前にiPad Pro 2018のIPSWファイルをダウンロードしておくといいです。

新型iPad Pro 2018のDFUモードへの入れ方

  1. Mac/PCとiPad ProをUSBで接続します。
  2. ボリュームアップボタンをすばやく押します。
  3. ボリュームダウンボタンをすばやく押します。
  4. 画面が暗くなるまでパワーボタン(上部のスリープボタン)を押し続けます。
  5. 画面が暗くなったらすばやくパワーボタンを一度放し、再度パワーボタンとボリュームダウンボタンを5秒間押し続けます。
  6. 5秒後に、ボリュームダウンボタンを放さずにパワーボタンを放してください。
  7. ボリュームダウンボタンを5秒以上押し続け画面が暗いままiTunesがリカバリーモードとして反応したら成功です。

今までに比べて慣れるまで難しいですね。何回かやってやっと成功しました。

また、iPhone X、iPhone XS/XS Maxも同様の手順となります。

ちなみに、iTunes 12.6.5.3で復元することができました。



GarageBandやiMovie、Clipsなど最初に入っているものは消えてしまいましたが、後からでもインストールできるのでOK。しばらく使ってみて、実際のレビューなどかけたらと思います。

フィルムは貼らずに、マグネット式カバーをam͜a͉zonでポチって使用しています。

簡単な感想


ノッチやホームボタンがないので、縦横や上下など気にせず操作できるのはいいですね。

また、11インチモデルだと469gと軽量でiPad Air 2(9.7インチ)の437gと持った感じほとんど同じでした。

12.9インチのiPad Pro 1Gを持っていますが、大きすぎて使いづらい(ただのテストデバイスとなっている)ので、個人的におすすめは11インチがいいかと思います。