[iPhone]ロックスクリーンのテーマを簡単に作成できるアプリ『Clock Builder』

2013/04/08 22:48

Jailbreakすると、iPhoneのロックスクリーンを自分好みにCustomizeできます。

王道のWinterBoardで適用する様々なテーマがありますが、自分で作るとなると結構大変で、既存の沢山の項目の中から好みのものを選ぶのも大変だったりしますね。

しかし、このアプリを使うとパズル感覚で自作のテーマを作成することができます。

自作ロック画面テーマの作成方法

1.Cydiaから「ClockBuilder 5 Theme」をInstall

2.App Storeから「Clock Builder」をInstall
Clock Builder 1.7(¥85)
カテゴリ: ユーティリティ, エンターテインメント
現在の価格: ¥85(サイズ: 28.3 MB)
販売元: Gustavo Tandeciarz - Gustavo Tandeciarz
リリース日: 2011/04/12
App + iPhone/iPadの両方に対応

現在のバージョンの評価: 無し(0件の評価)
全てのバージョンの評価: (9件の評価)

ss1 ss2
3.WinterBoardで「TypoClockBuilder」を適用し、Respring
4.「Clock Builder」を立ちあげます

5.右下の「歯車アイコン」をタップ

6.Weather Settingsを開きます
7.Location:をローマ字で自分の地域に設定

8.設定後、元の画面に戻り「List」をタップ

表示する項目を右上の+で追加していきます。

9.元に戻ると、追加したものが表示されているので、位置や文字色、透明度などを調整していきます。

設定方法は簡単で、その項目のうえを指で動かすと位置が変わり、タップすると詳細設定になります。

10.天気の表示が華氏になっているので、摂氏に変更しましょう。

「Weather Settings」の「Temperture Units」をタップ
「Celsius」へすることで変更できます。

11.ロック解除のスライダーを変更

「Lockscreen Settings」から変更できます。

12.背景画像を変更

Settingsの「Background」をタップすると、写真を追加できます。

13.完成したら、画面下の「シェアアイコン」をタップ

「Save Theme」テーマの保存
「New Save」新しくテーマを保存
「Share」TwitterやFacebookにイメージを投稿
「Set as Lockscreen」で適用されます。

※メイン画面の「List」の隣りにあるアイコンをタップすると、保存されたテーマを選択・確認できます。こちらからテーマを適用させたり、E-mailで送ったり、Dropboxにバックアップしたりできます。
14.その他の調整

設定を適用させると、このような感じになっています。標準の時計部分や、ステータスバーが邪魔なので、取り外しましょう。

15.Cydiaから「Lockscreen Clock Hide」「Un-Unlockable」をInstall

「Transparent StatusBar for iOS4」を使うと、ステータスバーの背景を透明にする高価があるので、さらにキレイなイメージになります。
16.WinterBoardで「Un-Unlockable」「Transparent StatusBar for iOS4」を適用
17.設定アプリから「Clock Hide」を選択し「StatusBar time」をオフ

以上で完成です!!

即興で作ったのでイマイチなところですが、色々と工夫すると面白いものが出来そうです。iPadにも対応しているので、幅広いCustomizeができますね!ぜひ、みなさんの作品をShareして見せてもらえればと思います。

Clock Builder