redsn0wを用いたiOS5.1.1 shshの抜き出しについてまとめ

   


iPhone 3GS/4,iPod touch 4Gで、現在のバージョンがiOS 5.1.1の時に、shshを保存していない状態のデバイスからshshを取得する方法について紹介します。

shshがあることによって、上記デバイスをいつでもiOS 5.1.1で復元できるようになります。

たとえば、新しいiPhone 5/iPod touch 5G/iPad miniに買い換えたいと考えてる方で、既存のデバイスをiOS 5.1.1で手放したい、または何か不具合が起きた時にiOS 6以降に上げたくないといった時に有効です。


shshとは何か分からない、Jailbreak関連のことは怖くて試していないという方は、過去に書いた記事に目を通してください。

iPhone,iPod touch,iPadを脱獄するための準備 TinyUmbrella redsn0w iFaithの使用方法

redsn0w 0.9.15b3を用いたSHSH blobsの取得

普段はWindowsを使用しているのですが、redsn0w 0.9.15b3を使ってshshを抜き出そうとしても、エラーとなり取得できませんでした。どうもWindowsの互換モードをXPにしてあげると上手くいくようです。


手順


1.母艦とデバイスを接続し、Downloadしたredsn0wを起動


Exstras -> SHSH blobsをクリック


2.SHSHに関する項目が表示されるので、Fetchをクリック


3.DFUモードに入れる


パワーをオフにして、Nextをクリック


ガイダンスが表示されるので、それに合わせて操作します

4.成功するとSHSHが取得され、Cydiaサーバーにもファイルが送られます


以上でSHSHが保存されました。これがあれば、iPhone 3GS/4,iPod touch 4Gに限り、いつでもiOS 5.1.1で復元できます。

shshの保存場所

mac: ~/Library/Application Support/redsn0w/shsh/
win: %Appdata%redsn0wshsh



Fetchで保存したshshは、plist形式のファイルとなっていて、そのままでは利用できませんでした。ただし、Cydiaサーバーに送られたものは.shsh形式に変換されるので、復元時に利用することができます。

その他の機能



New:現在Appleが発行しているSHSHを保存できます。


クリックするとipswファイルを選択する画面になるので、その時のバージョンのipswファイルを指定します。(画像は記事執筆時の最新バージョンiOS 6.0.1)

この機能は、iPhone 4SやiPhone 5などの新しいデバイスでも有効です。


成功するとこのような画面になるので、YesをクリックしてCydiaサーバーへ保存しておきましょう。


Verify:選択したSHSHが、どのデバイスのものか確認できます。


plistまたはshshを選択


デバイス情報が表示される

Submit:Cydiaサーバーにローカルで保存したSHSHを送る機能


plistまたはshshを選択

Query:Cydiaサーバーに保存されているSHSHを確認する


デバイスを接続していると自動的にECIDが入力される
(手動で入力して他のデバイスの保存状況も確認できます)


Stitch:SHSHをIPSWファイルに組み込む機能


IPSWをクリックし、組み込みたいバージョンのiOSを選択



Blobsで、LocalまたはRemote(Cydiaサーバーから取得)を選択


SHSHを組み込んだファイルが出力されます。


通常では復元できない過去のバージョンで復元するとき、使用できるようにするためのものです。
※このファイルを用いて、Windows版のiTunesで復元しようとするとエラーとなります。

2種類の復元方法


SHSHの保存ができたら、次は復元について説明します。

iTunesを使った復元方法


上記方法でSHSHを組み込んだIPSWを使用します。

※Windowsではエラーとなります。

ここでポイントとなるのが、ベースバンドの維持です。


redsn0wのCustom IPSWをクリックし、使用したいバージョンのIPSWを選択します。すると、ベースバンドを持たないNo_BB*ipswファイルが作成されます。それにStitchを使用してSHSHを組み込んだIPSWファイルを作成します。


次に、Pwned DFUをクリックし、pwned DFU modeにします。


iTunesを起動するとダイアログが表示されるので、OKをクリック


Optionキー(Shiftキー)を押しながら復元をクリック


作成したNo_BB*ipswファイルを選択して復元すると、ベースバンドを維持したまま復元することができます。

redsn0wのRestoreを使用した復元方法



Extra -> Even more -> Restore をクリック


IPSWをクリック


復元したいバージョンのIPSWファイルを選択


ベースバンドを維持しますか?と聞かれるためYesをクリック


Pwned DFU modeに入れてくださいと出るのでOK


Pwned DFUに入ったら復元作業が始まります。


成功するとこのような画面になり、復元することが出来ました。

※この方法でも、復元したいバージョンのSHSHが必要になります

また、iTunesを経由しないので、完全なリセット状態になります。

設定 -> 一般 -> 日付と時刻などを修正してあげる必要があります。




以上でiPhone 3GS/4,iPod touch 4GのSHSH取得から復元までが出来るようになりました。新しく発売されたMacを導入するのもいいかもしれませんね!

APPLE MacBook Pro with Retina Display 13.3/2.5GHz Dual Core i5 MD212J/A


APPLE Mac mini/ 2.5GHz Dual Core i5 /4G/500G/USB3/Thunderbolt MD387J/A

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWillFeelTipsをフォローしよう!


  関連記事

PanguよりiOS 9.1が脱獄できる「Pangu9」がリリース!

本日、PanguTeamよりiOS 9.1に対応した脱獄ツール『Pangu9』が ...

iPhone 5 au Online Shopでの購入後 SoftBankからauへのMNP手順

iPhone 5の予約がau、SoftBankともに9/14 14時から開始され ...

【要JB】IIJmioなどのMVNOでも[email protected]の年齢確認を回避するLineAtPatcher【iPhone】

昨年からIIJmioのみおふぉんにMNPしたのですが、今年になって発表されたLI ...

iPhone 4Sの設定に表示される Update バッジを消す方法

タイトルを4Sとしましたが、iPhone 4、3GS、iPod touch、iP ...

NotifyWiFi10 - WiFi接続時にバナーで通知、接続したくないSSIDは自動でOFFにするTweak

iPhoneのWiFiをONにしていると、知らないWi-Fiスポットや無料の公衆 ...

 - iOS 5, iPhone, Jailbreak