iPhone X対応!iOS 11.0~11.1.2までの脱獄ツール『LiberiOS』がリリース!

      2018/02/27


本日、iPhone XなどのiOS 11.0~11.1.2までに対応した脱獄ツール『LiberiOS』がリリースされました。

ただし注意点が多いので、その辺りも説明したいと思います。



追記:2018/02/27

Cydiaが動作するErectra Jailbreakがリリースされました。



サポートデバイス

  • iPhone 5s
  • iPhone 6 / 6 plus
  • iPhone 6s / 6s plus
  • iPhone SE
  • iPhone 7 / 7 plus
  • iPhone 8 / 8 plus
  • iPhone X
  • iPad Air
  • iPad Air 2
  • iPad Pro
  • iPad mini 2
  • iPad mini 3
  • iPad mini 4
  • iPod touch 6G
iOS 11.0~11.1.2までの64bitデバイスが対応しています。
(iOS 11以降は64bitデバイスのみ)

※ただし、初期リリース版では対応していないデバイス(バージョン)もありますので、その場合は今後のアップデートをお待ち下さい。


脱獄するための準備


1.事前にiTunesなどでバックアップを取って下さい

※脱獄は危険な行為です。全て自己責任の元、自ら問題を解決できる方のみ行って下さい。

2.Cydia Impactorをダウンロード

以下のLinkより、ご自身の環境にあったものをダウンロードしてください。
3.脱獄用のアプリ(ipaファイル)をダウンロード

以下のLink先から「The IPA」をクリックしてダウンロードしてください。

脱獄方法


1.脱獄するデバイスをPCと接続し、Impactorを起動

ダウンロードした「Liberios.ipa」(zipになっている場合、ipaにリネーム)をImpactorのウインドウにドラッグ&ドロップします。



2.Apple IDとパスワードを入力

Apple IDとパスワードを入力すると自動的にデバイスへアプリがインストールされます。

もしエラーが起きた場合は、[Xcode]->[Revoke Certificates]を行ってみてください。

3.アプリを認証する

そのままでは起動しないため、設定アプリ→一般→デバイス管理(またはプロファイルとデバイス管理)を開き、追加したApple IDのメールアドレスをタップ→信頼をタップしてください。

これでアプリが起動できるようになりました。

4.脱獄を行う

ホーム画面から『Liberios』アプリを起動します。



中央の「Do it」をタップしてそのままにしておいて下さい。

以下のような画面になると成功です



「missing offsets」となった場合、まだ対応していないのでアップデートをお待ち下さい。

ただし、Cydiaは現在のところ対応していないため、表示されません。

利用できる機能
  • OTA(自動アップデート)の無効化
  • SSH接続を可能にする
  • その他、脱獄で使用するものを/jbディレクトリに追加

SSHの使用方法


デバイスのWi-Fi設定からIPアドレスを調べて下さい。
(Macのターミナルの場合、ssh [email protected]、puttyの場合IPアドレスを入力して接続)

※デフォルトのパスワードは、alpine



puttyやターミナルからrootでsshに接続し、以下のコマンドで色々と遊べるようになります。

export PATH=$PATH:/jb/usr/bin:/jb/bin:/jb/sbin:/jb/usr/sbin:/jb/usr/local/bin:

uicacheとコマンドを入力するとCydiaが表示されます。
(最初は利用できなかったため、一度再起動して再度「LiberiOS」から「Do it」を行ってみてください)



ただし、CydiaやCydia SubstrateがまだiOS 11に対応していないので、起動できません。
Saurik氏の対応待ちといった状況です。

sshに接続できるのが唯一の利点ですが、dpkgやapt-getなどのコマンドは利用できません。

そのままの状態だとsshで他人からアクセスされる可能性があるので、パスワードを変更してください。

passwd
passwd mobile

まとめ


今回の脱獄も再起動後に無効となる「Semi-Untether」です。

基本的にまだ何も出来ないのが現状です。

そのためか、脱獄対策しているアプリ(どうぶつの森ポケットキャンプ)は起動できました。
※今後、Cydiaが利用できるようになった場合、起動できなくなるかと思います。

OTAのアップデートが無効化されているのは、/etc/hostsに「127.0.0.1 mesu.apple.com」が追加されているため、アップデートサーバーに接続されないようになっていました。

sshで色々と遊びたい方以外は、「FilzaEscaped」でiPhoneの中身を見てみる方が面白いかもしれません。

Link1:FilzaEscaped.ipa
Link2:FilzaEscaped.ipa
(via.[Release] Filza with Root access)

しかし大きな進展なのは間違いないので、今後に期待しましょう!


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWillFeelTipsをフォローしよう!


  関連記事

TaiG Jailbreak for Mac - iOS 8.1.3から8.4までのiPhone、iPad、iPod touchをMacで脱獄する方法

2015/08/02、TaiGよりMac OS Xに対応した脱獄ツール『TaiG ...

Japanese Font Packages - iPhoneやiPad、iPod touchの日本語フォントを変更するBytaFont用のパッケージ

iPhone、iPod touch、iPad向けに日本語フォントを自分好みに選択 ...

[iPhone]ロックスクリーンのテーマを簡単に作成できるアプリ『Clock Builder』

Jailbreakすると、iPhoneのロックスクリーンを自分好みにCustom ...

iOS 5 beta 6 対応 Jailbreak tool sn0wbreeze v2.8 BETA 6 リリース

2011/08/21 iOS 5 beta 6 対応のWindows向けJail ...

Brightness Activator Pro 2 - iOS8対応!画面をスワイプすることでiPhoneの明るさを調整するTweak

Activatorアクション後に画面上をスワイプすることで明るさを調整することが ...

 - Jailbreak