【iPhone】iOS 11.2 - 11.3.1を脱獄することができるElectraがリリース!【脱獄方法】


本日、Electra TeamよりiOS 11.2~11.3.1までのiOSデバイスを脱獄することができる「Electra for iOS 11.2-11.3.1」がリリースされました。

以前に紹介した「Electra for iOS 11.0-11.1.2」と同様に、Cydia及びSubstituteが利用でき、Cydiaや脱獄Tweakが使用できるようになっています。

実際に脱獄してみましたので、以下に紹介いたします。

Electra for iOS 11.2-11.3.1 対応デバイス

  • iPhone 5s、iPhone 6 / 6 plus、iPhone 6s / 6s plus、iPhone SE、iPhone 7 / 7 plus、iPhone 8 / 8 plus、iPhone X
  • iPad Air、iPad Air 2、iPad Pro、iPad mini 2、iPad mini 3、iPad mini 4
  • iPod touch 6G
iOS 11.2~11.3.1までのすべてのデバイスが対応しています。

脱獄するための準備


1.事前にiTunesなどでバックアップを取って下さい

※脱獄は危険な行為です。全て自己責任の元、自ら問題を解決できる方のみ行って下さい。また、脱獄することにより脱獄対策されたアプリが使用できなくなります。

2.Cydia Impactorをダウンロード

以下のLinkより、ご自身の環境にあったものをダウンロードしてください。
※最新のCydia Impactorを使用して下さい。

3.脱獄用のアプリ(ipaファイル)をダウンロード

以下のLink先から「Download (Non Dev Account)」をクリックしてダウンロードしてください。



multipathはAppleの開発者権限が必要で、vfs exploitの方は一般ユーザーが使えるものになっています。

iOS 11.2 - 11.3.1までの脱獄方法


1.脱獄するデバイスをPCと接続し、Impactorを起動

ダウンロードした「Electra1131-1.0-vfs.ipa」(zipになっている場合、ipaにリネーム)をImpactorのウインドウにドラッグ&ドロップします。



2.Apple IDとパスワードを入力

Apple IDとパスワードを入力すると自動的にデバイスへアプリがインストールされます。

もしエラーが起きた場合は、[Xcode]->[Revoke Certificates]を行ってみてください。

3.アプリを認証する

そのままでは起動しないため、設定アプリ→一般→デバイス管理(またはプロファイルとデバイス管理)を開き、追加したApple IDのメールアドレスをタップ→信頼をタップしてください。

これでアプリが起動できるようになりました。

4.脱獄を行う

成功率を上げるため、はじめに全てのアプリを終了し、機内モードに入れます。

※iOS 11.4などのOTAアップデートがデバイスに残っている場合、必ず削除してください。ブートループの可能性があるようです。

ホーム画面から『Electra』アプリを起動します。



中央の「Jailbreak」をタップして下さい。



その後、Cydiaがインストールされ自動的にSpringBoardが再起動され完了します。



無事、iPhone X iOS 11.3.1で脱獄完了しました!

今回のexploitは成功率が低く、デバイスによってもばらつきがあるようです。

CoolStar氏によると、機内モードに入れて、Siriを無効にし、全てのアプリをAppスイッチャーから終了させたあとにデバイスを再起動→Electraを実行という流れがおすすめとのことです。

ちなみに、iPhone Xの強制再起動はボリューム上一回、下一回、右のスリープボタンをずっと長押ししていると再起動されます。

脱獄後のTips


1.再起動後は脱獄が無効になる

再起動後は脱獄状態ではなくなります。

Erectraを起動して、「Enable Jailbreak」を行って下さい。

また、Impactorで個人署名したものなので7日間で起動できなくなる問題があります。

2.Ext3nderをインストールする

7日間の署名問題を解決するCydia Extender系の脱獄アプリを入れておきましょう。

Repo: https://julioverne.github.io/

「Ext3nder Installer」をインストールしておきましょう。

デバイス単体で7日間以内に再署名することで、不意の再起動にも対処できます。

もし7日以降経過して、電源が落ちた場合は「Impactor」を使ってアプリを入れ直してください。

まとめ


iOS 11.1.2までで脱獄Tweakが多少なりとも増えましたが、全盛期に比べると少ないのは否めません。

Cydia StoreもiOS 11に対応していないので、増えないのは仕方がないところです。

私のパッケージで動作するものは、PokeGo LS GIF、SSPatcher iOS 6 to 11については確認済み。

iTunesアプリ用のTweakは、バージョンが変わらない限り有効です。

iOS 10で有料パッケージとして出したものは、無料アップグレードするつもりです。

それでは!