NoCCBlurXI - コントロールセンター上部のぼかし効果を消したりするTweak


iOS 11からコントロールセンターの仕様が大きく変更されました。

CCSupportなどにより、多くの追加機能をCCに設定できるようになりましたが、多く入れすぎると上部のぼかし(ブラー)などが気になります。

そこで、CC各所のぼかし効果をOn/Offできる「NoCCBlurXI」を作成しました。

NoCCBlurXIのインストール


https://cydia.ichitaso.com


私のRepoからインストールすることができます。

iOS 11.1.2 - 11.3.1のiPhone 6s / Xで動作確認してます。



上部のぼかし

適用後



iPadの場合は効果はありません。
(多分ぼかし部分がなかったと思います)

気が向いたらBigBossに提出します。

NoCCBlurXIの機能と設定




Delete the top of CC:Onにすると、CC上部のぼかしやステータスバー(iPhone X)、つまみ部分、Wi-Fiなどを操作したときのメッセージ部分などを消します。

Select item to hide

Status Bar / Header Blur / Header Line / Header Grabber

ステータスバー、上部のぼかし、上部のぼかしの下にある線、つまみ部分を個別に消したりできます。

「Delete the top of CC」がオフの場合のみ有効です。

Transparent Background:OnにするとCCの背景を透明にします。



本当は透明度を設定できるようにしたかったのですが、中途半端に設定するとCCを消したときのぼかしにラグが起きるので、OnかOffにしました。

その他


Packixから「FUGap」という似た機能のTweakがリリースされていますが、設定にRespringが必要なのと、最新バージョンで挙動が怪しくなっていたので作成しました。

また、CCにあるボタンがオフのときのイメージは「CCClearModulesBG」(BigBoss repo)というTweakで消せます。

こちらの機能も取り入れようとしたんですが、Respringが必要なため入れませんでした。

というわけで、Respringなしで設定できるので、気になった方はお試しください。