iOS 9.3.3 脱獄方法 完全版!PP助手不要で7日間制限なし!

      2016/08/09

ios-933-jailbreak-pp

iOS 9.2 - 9.3.3の脱獄ですが、署名による問題がネックとなっております。

その問題を解決し、Cydia ImpactorやPP助手もPCにインストールしない方法で、1年間のエンタープライズ向け署名を利用できる方法がわかりましたので、紹介いたします。



via. reddit

2016/08/01 追記:こちらの方法でも可能となりました!

【PC不要】iPhone単体でiOS 9.2 - 9.3.3を脱獄する方法

iOS 9.2 - 9.3.3を脱獄できるiOSデバイス


ios-9-3-jailbreak-01
  • iPhone
    (iPhone SE, iPhone 6s Plus, iPhone 6s, iPhone 6 Plus, iPhone 6, iPhone 5s)
  • iPad
    (iPad Pro, iPad Pro 9.7", iPad Air 2, iPad Air, iPad mini 4, iPad mini 3, iPad mini 2)
  • iPod touch
    (iPod touch 6G)
64bitのCPUを使ったiOS 9.3.3まで搭載デバイスで脱獄が可能です。

また、iOS 9.2/9.2.1のデバイスも脱獄可能となっています。

32bitのiPhone、iPad、iPod touchは対応していません。
  • iPhone
    (iPhone 5c, iPhone 5, iPhone 4s)
  • iPad
    (iPad 4, iPad 3, iPad 2, iPad mini)
  • iPod touch
    (iPod touch 5G)

iOS 9.3.3 脱獄方法


1.iTunesにてPCへデバイスのデータをバックアップ



2.最新のiOS 9.3.3へアップデート

OTAアップデートされている場合、iTunesでIPSWファイルから復元

iPhone,iPad,iPod touch iOS Firmware IPSW ダイレクトリンク

脱獄に失敗しないように、新しいiPhoneで行うのがベターです。

3.英語版のPanguをインストールされた方はアプリを削除

7日間で無効になるため、不要になります。

削除後は念のため電源ボタンで再起動して下さい。

PP助手、またはTTJailbreakで脱獄された方は、そのままでOKです。

4.機内モードにしてWi-FiもOFFにする

ios-933-jailbreak-01

5.PP盘古越狱アプリをダウンロード

http://download.25pp.com/ipa/jailbreak/inv_ent_final_0801.ipa

6.ダウンロードしたアプリをiFunboxなどでインストール

ios-933-jailbreak-02

「アプリをインストール(*ipa)」→「inv_ent_final_0801.ipa」→「開く」

ios-933-jailbreak-03

「PP盘古越狱」がインストールされます。

6.署名を信頼する

ios-933-jailbreak-04

アプリを動作させるために署名を信頼します。

機内モードのままコントロールセンターを開いてWi-FiをONにして下さい。

ios-933-jailbreak-05

「設定」→「一般」→「デバイス管理」→「Beijin~」→「信頼」で起動できるようになります。

7.PP盘古越狱を開き脱獄する

ios-933-jailbreak-06

起動すると通知を求められるので「OK」

ios-933-jailbreak-07

「安装PP助手」のチェックを外し、真ん中をタップ

3秒ほど待ちスリープボタンでロック
(再起動される場合、タイミングをずらして下さい)

ios-933-jailbreak-08

ロック解除すると「PP盘古越狱」の通知が来るので右にスワイプ

ios-933-jailbreak-09

Cydiaをインストールするので、しばらく待つとリスプリングされます。

ios-933-jailbreak-10

ロックを解除し、ホーム画面にCydiaがあれば成功です。

ios-933-jailbreak-11

脱獄後に位置情報がONにできなくなる場合


Modmyi(デフォルトRepo)より「libLocation」をインストールするか、「設定」→「一般」→「リセット」→「ネットワーク設定をリセット」を行ってみてください。

システム領域が足りない場合


http://coolstar.org/publicrepo

↑こちらをタップして、CoolStarさんのRepoを追加

「Stashing for iOS 9.2 - 9.3.3」をインストールするとシステムファイルをユーザー試用領域に移動させるためシステム領域の容量に余裕ができます。

注意点として、/Applications にインストールされる脱獄アプリをインストールした場合、自動的に移動はされず、「Stashing for iOS 9.2 - 9.3.3」を再インストールした時に移動されるようになっています。

まとめ


TTJailbreakの手法が一番簡単だったのですが、店頭のiPhoneなど勝手に脱獄される恐れもあったので、この方法が一番スムーズに脱獄でき、7日間の制限もないので現状では最良です。

ただし、2017/04/27にエンタープライズ向け署名が切れるので、その対処方法が確立できるのかが今後のポイントになってくるでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWillFeelTipsをフォローしよう!


  関連記事

Flat RSS Widget HD - FlatIconsを使ってiPhone 5をフラットデザインにするテーマ

先月iPhone 5が不慮の事故でiOS 6.1.3になってしまい、入獄されてし ...

[opensn0w] iPhone 4 iOS 7.0.2へCydiaをInstallする方法

opensn0wを使ったtethered jailbreakを利用して、iPho ...

AutoBrightnessToggle SBSettings iPhone、iPadの明るさ自動調整を切り替えるJB Tweak

iPhone、iPod touch、iPadの明るさ自動調整をON/OFFするS ...

iPhone 5,iPod touch 5G 向けテーマ『Grass RSS Widget HD』

自分のiPhone 5をカスタマイズしたついでに、『Grass RSS Widg ...

iPhone,iPod touch,iPadを脱獄するための準備 TinyUmbrella redsn0w iFaithの使用方法

iPhone,iPod touch,iPadなどのデバイスをJailbreak ...

 - Jailbreak