Nintendo SwitchでWebブラウザを起動する方法

2017/03/17 22:24

Nintendo Switchは標準でWebブラウザが搭載されていませんが、FiddlerというWebデバッグソフトを利用することで、ブラウジングをすることができます。
内蔵ブラウザとしては記事公開時の現在は、普通に起動することが出来ないため、簡単にその方法を紹介いたします。

via.GBAtemp

Nintendo Switchでブラウザを利用するのに必要なもの

  • Nintendo Switch本体
  • Fiddler
  • Fidder_BrowseAnywhere zip
  • PCとネットワーク環境
はじめに、FiddlerをPCにインストールしてNintendo Switchと同じネットワークに接続してください。
fiddler_browseanywhere-zipをダウンロードして、展開して下さい。

Fiddlerの設定をして、Nintendo Switchと接続する

Step 1:
Tools → Telerik Fiddler Options...を開く → Connectionsタブをクリック

上記の様にチェックを設定

Step 2:
OKをクリックして一度Fiddlerを終了させ再度起動する
Step 3:
Autoresponderタブを選択して、Importをクリック

展開した「Fiddler_BrowseAnywhere」にある「Fiddler_BrowseAnywhere.farx」を選択
Step 4:
Nintendo Switchの設定 → インターネット設定を開く


手動で設定を開き、普段使用しているWi-Fiなどの設定を手動で入力する


Proxy設定の部分の設定


サーバーにFiddlerを起動しているPCのIPアドレス
(Win+Rでcmd → ipconfigでローカル エリア接続のIPv4 アドレスを確認)
ポートに「8888」を入力


自動認証は「しない」のまま設定

Step 5:
ネットワーク設定が完了しネットワークに接続すると内蔵Webブラウザが開く


httpsで接続できないため、はじめに許可するを選択

Googleのページが表示されれば成功!

まとめ

次回Webブラウザを起動したいときは、Fiddlerを起動してProxy設定したネットワークに接続すると起動できます。

YouTubeを見る方法も説明されていましたが、うまくできなかったため省略します。

今後のアップデートで見れるようになる可能性もありますし、ブラウザも使えるようになるかもしれませんね。

追記:インターネット接続のDNSを変更することでブラウザが使える方法が発見されました。

DNS設定を手動にして以下の数値を設定

優先DNS:108.061.164.129
代替DNS:151.080.040.069

保存してネットワークに接続するとブラウザが表示されます。



以上、Nintendo SwitchでWebブラウザを起動する方法でした。