iPhoneでSoftBankプラチナバンドの対象エリアか確認する方法

   


本日2012年7月25日からSoftBank「プラチナバンド」の提供サービスが開始されます。簡単に説明すると、今まで届きにくかった電波が届きやすくなり、通話・通信エリアが拡大されます。

それに伴って、iPhoneでプラチナバンド対応エリアか簡単に確認する方法を紹介します。


プラチナバンドとは何か





「プラチナバンド」とは、700MHz~900MHzの周波数帯域の電波を示す通称で、おもに携帯電話やテレビ放送などの中継、ワイヤレスマイクなどの無線通信に利用されます。

携帯無線通信において最適な周波数帯域といわれており、利用価値の高い帯域(バンド)という意味で「プラチナバンド」と呼ばれています。

「プラチナ電波」とは何ですか? | ソフトバンクモバイル



今まで電波が入りづらかった場所でも、周波数帯が2.1GHzから900MHzとなりサービスエリアが広がるようになります。

郊外や山間部、ビルに囲まれた屋内や地下など、ドコモ・auと比べて圏外となることも多々ありましたが、2016年度中までに基地局を増設し、人口カバー率99.9%にする予定とのことです

参考:900MHz帯“プラチナバンド”の割り当てについて


対応機種について


「iPhone 4」「iPhone 4S」「iPad 2」「第3世代 iPad」他

参考:プラチナバンド(900MHz帯)に対応している機種を教えて下さい。 | ソフトバンクモバイル

SoftBankプラチナバンドiPhoneでの確認方法


1.Wi-FiをOFF→電話にて「*3001#12345#*」にダイヤル→フィールドテストモードにする


2.「UMTS Cell Environment」→「UMTS RR Info」をタップ


3.「Downlink Frequency」と「Uplink Frequency」をチェック


  • Downlink Frequency:2937~3088
  • Uplink Frequency:2712~2863

数値が上記の間になっていれば900MHz帯

iOS5で値が空欄になってしまう場合「UARFCN」の数値を確認:2937~3088であれば900MHz帯

周波数帯Downlink FrequencyUplink Frequency
900MHz2937~30882712~2863
2.1GHz10562~108389612~9888

対応エリアは26日から『SoftBankのホームページ』上で公開していくとのことです。ただし計画は未公表とのことで、いつ対応されるのか実際にプラチナバンドかどうかは試してみないと分からない状態です。

という訳で、「プラチナバンド対応したよ」という方がいらっしゃれば教えて下さいね!

おまけ


CHECK:iPhone - SoftBank

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWillFeelTipsをフォローしよう!


  関連記事

3GSユーザー向け iPhone 4S移行について考察

日本時間 2011/10/05 Appleのイベント「Let's Talk iP ...

未脱獄でもCydiaアプリをインストールできる?『Weblin』を検証してみた

 iPhone 5やiPad miniなど、未だJailbreakできないのが現 ...

【twinkle】2ch新APIに対応してアップデート、全板・スレッドの表示方法【広告消す】

2ch用アプリ『twinkle for iOS』(以下ちんくる)が新APIに対応 ...

iOS 5 beta 5 対応 jailbreak tool sn0wbreeze v2.8 BETA 5 リリース

2011/08/18 iOS 5 beta 5 対応のWindows向けjail ...

iOS 6.0.1リリース!変更内容とJailbreak方法についてまとめ

2012/11/2 iOS 6.0.1がリリースされました。 その変更内容とIP ...

 - iPhone