新しいiPhoneのコンセプトデザイン画像

      2016/03/16


先日『新しいiPad』としてAppleから発売されたiPad 3rd

「基本的なデザインはそのままに内部の機能面を強化」という形でリリースされました。昨年の秋に発売された『iPhone 4S』も同様な製品となっていますね。


個人的には、Appleといえば「ユニークなデザイン性を当たり前のものにする」というイメージですが、スティーブ・ジョブズ亡き現在のティム・クック体制は、少しばかり変わってきているように感じます。

そんな中、ADR studioが「the new iPhone」という名前で、コンセプト画像を公開しています。



Appleのコンセプトは、新しいチャレンジから生み出すCoolなものであり、機能的な設計と未来的なアプローチに焦点を当て、市場に存在しない価値のあるものを創造し、身近なものとして普及させる要素があると思います。



まず第一に「sim-less」となっています。モバイルオペレータによってsimcardを使用していません。 また、4G LTEは、モバイルネットワークで直接データを取得することができます。



アルミ鍛造ボディの背面には、2つのパネルのスピーカーと新しいオーディオを使用しています。



側面が薄いので、すべてのコントロールはTOPにあります。



画面上には、一番上にすべてのネットワークに関する情報、時計、通知などを表示
下はマルチタスクパネルのように、アプリケーションドックとホームボタン
中央は、デスクトップにのみ適用。より多くのスペースでもっと自由に…



three Retina ディスプレイ、LED powered edge、および4G LTEによる機能性



あくまでもコンセプトデザインですが、実現したら魅力的なものになると感じました。
あなたは、このiPhoneのコンセプトデザインをどう思いますか?



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWillFeelTipsをフォローしよう!


  関連記事

iPhoneのモバイル回線でもDNSが使える『DNS Override』

通常、iPhoneの4G(LTE)回線のCellularネットワークでは"DNS ...

【おすすめ】iPhoneアプリ厳選61個についてまとめ

iPod touch 第一世代(iPhone OS1)からiOSを使っている@i ...

iOS 6.0.1リリース!変更内容とJailbreak方法についてまとめ

2012/11/2 iOS 6.0.1がリリースされました。 その変更内容とIP ...

脱獄なしでiPhoneのシステムファイルを表示することができる『DropCopy Lite』

iOSをJailbreakすると、内部のファイルにアクセスできるようになります。 ...

iOS 5 beta 6 対応 Jailbreak tool sn0wbreeze v2.8 BETA 6 リリース

2011/08/21 iOS 5 beta 6 対応のWindows向けJail ...

 - Apple, iPhone