Windows上のVmwareにMac OS X Yosemiteをインストール

   


Windowsで実行できるVMware PlayerでMac OS X 10.10 Yosemiteをインストールする夢を見たので紹介いたします。

必要なもの/環境

  1. インテル バーチャライゼーション・テクノロジーに対応したCPU
  2. Mac本体もしくはVMwareで作成したOS X 10.6.8以降の環境
    参考:WindowsのVMwareでMac OS X 10.6 Snow Leopardを動かす方法
  3. VMware-workstation-10.0.3-1895310.exe.tar
    7zなどで解凍(実際に使用するのはPlayerのみでOK)
  4. unlock-all-v130.zip:VMware Unlocker for OS X – InsanelyMac Forum
  5. Install OS X Yosemite.app

VMwareをMac OS Xに対応させる


「VMware Workstation」をインストール後、「unlock-all-v130」にてWindowsでもMac OS Xを認識させるようにします。

Link:unlock-all-v130.zip

展開後:
unlock-all-v130->windows->install.cmdを右クリックから管理者として実行

以上で完了です。

OS X 10.10 Yosemiteのインストールディスクを作成


OS Xを起動し、以下のコマンドでYosemite.isoを作成

アプリケーションフォルダにYosemite.appが入っている状態で、ターミナルを使ってisoファイルを作成します。#のコメントアウトは無視して下さい。

# Mount the installer image
hdiutil attach /Applications/Install\ OS\ X\ Yosemite.app/Contents/SharedSupport/InstallESD.dmg -noverify -nobrowse -mountpoint /Volumes/install_app

# Convert the boot image to a sparse bundle
hdiutil convert /Volumes/install_app/BaseSystem.dmg -format UDSP -o /tmp/Yosemite

# Increase the sparse bundle capacity to accommodate the packages
hdiutil resize -size 8g /tmp/Yosemite.sparseimage

# Mount the sparse bundle for package addition
hdiutil attach /tmp/Yosemite.sparseimage -noverify -nobrowse -mountpoint /Volumes/install_build

# Remove Package link and replace with actual files
rm /Volumes/install_build/System/Installation/Packages
cp -rp /Volumes/install_app/Packages /Volumes/install_build/System/Installation/

# Copy BaseSystem.dmg and Basesystem.chunklist

cp /Volumes/install_app/BaseSystem.dmg /Volumes/install_build/
cp /Volumes/install_app/Basesystem.chunklist /Volumes/install_build/

# Unmount the installer image
hdiutil detach /Volumes/install_app

# Unmount the sparse bundle
hdiutil detach /Volumes/install_build
 
# Resize the partition in the sparse bundle to remove any free space
hdiutil resize -size `hdiutil resize -limits /tmp/Yosemite.sparseimage | tail -n 1 | awk '{ print $1 }'`b /tmp/Yosemite.sparseimage

# Convert the sparse bundle to ISO/CD master
hdiutil convert /tmp/Yosemite.sparseimage -format UDTO -o /tmp/Yosemite

# Remove the sparse bundle
rm /tmp/Yosemite.sparseimage

# Rename the ISO and move it to the desktop
mv /tmp/Yosemite.cdr ~/Desktop/Yosemite.iso

Link:Install Yosemite Command.zip

OS X YosemiteのSetup


1)VMwareを立ち上げて「新規仮想マシンの作成」をクリック

2)「Yosemite.iso」を選択する

3)ゲスト OSを「Apple Mac OS X」の「Mac OS X 10.9」にする

4)名前をわかりやすく「OS X 10.10 Yosemite」とする

5)仮想ディスクを単一ファイルとして格納(容量は任意)

6)「仮想マシンの編集」をクリックして設定画面を開く

7)任意のメモリ容量・CPUコア数を設定

これでSetupを起動する準備が完了です。

OS X Yosemiteのインストール


1)「仮想マシンの再生」をクリック

画面が表示されたら、ディスクユーティリティでインストールするディスクをフォーマットします。

1

パーティションタブを選択
ボリュームの方式:1 パーティション
オプション:GUID パーティションマップ
名前:Macintosh
フォーマット:Mac OS 拡張(ジャーナリング)




2)DiskUtilityを閉じて、ガイダンスに従ってMacintoshへInstall



完了すると自動的に再起動します。



3)初期設定をして無事起動したら完成です!



インストール後の設定


1.VMware Toolsのインストール

CD/DVD(IDE)の項目からISOイメージファイルを設定

unlock-all-v130->tools->darwin.isoを読み込ませ、VMware Toolsをインストール




VMware Toolsをインストールを開いてインストールします。



2.キーボード配列をJISに設定する

VMware Toolsをインストール後、再起動を求められるので、そのままシャットダウンします。

仮想マシンを完全にシャットダウンし、vmxファイルをテキストエディタで開き以下を追記します。

keyboard.vusb.enable = "TRUE"
keyboard.vusb.idVendor = "0x0000"
keyboard.vusb.idProduct = "0x0000"

仮想マシンを再生すると「キーボード設定アシスタント」が表示されるので、ガイダンスに従って設定することでキー配列が正しくなります。



以上で完成です!

ただ、メモリ8GB・CPU 4コアにしても動作が重いのであまり実用的ではありません。仮想マシンだとMountain Lionくらいまでが良かったかなという感想です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWillFeelTipsをフォローしよう!


  関連記事

Windows上のUbuntu 16.04を使ってfuturerestoreを使用する方法

iPhone、iPad、iPod touchの署名されていないiOSバージョンに ...

Windows VMwareのOS X Lionを10.7.5 Mountain Lionを10.8.2にアップデートする方法

『WindowsにMac OS X Lion をインストールする方法』でWind ...

Windows上のVMwareにmacOS 10.12 Sierraをインストールする方法

Windowsで実行できるVMware PlayerでmacOS 10.12 S ...

WindowsのVMwareにインストールしたMac OS X Lionを10.7.2へアップデートする方法

『 WindowsにMac OS X Lion をインストールする方法 』で紹介 ...

Windows上のVMwareでOS X 10.9 Mavericksを動作させる方法

WindowsのVMwareを使用して、OS X 10.9 Mavericks ...

 - VMware