【自作PC】消費増税前に組みました - i7-4770K/Z87-GD65/Z3 Plus/GTX760 RAM32GBレビュー

      2016/03/16


消費税が2014/04から8%となることが決定し、駆け込み的にPCを自作しました。母艦はカスタマイズ性の高いものと考えているので、Windowsを使用しています。


iMacや新型Mac proも考えてはいたのですが、既存のPCI-eカードの増設や対応ソフトが無いため、候補から外れました。

とは言っても、先月iPhone 5sを購入したりと出費が多かったため、コストパフォーマンスを重視してパーツを選定しました。

XPユーザの方で迷っている方など、何かの参考にしてもらえればと思います。

CPU マザーボード


Core i7-4770K BOX + msi Z87-GD65 GAMING セット

CPUは4770K、マザーボードは最大メモリ32GBは欲しかったので、こちらのものを選びました。それぞれ単体よりも「TSUKUMO」のセット版の方が安かったのでこちらにしました。


Z87 GAMING | MSIゲーミングシリーズ

マザーボードはゲーミング用で拡張性が高く、OC向けになっています。



最大メモリ搭載値は64GBなので、今後16GBメモリが安く流通すれば増設しようかと思っています。

Core i7-4770K BOX + msi Z87-GD65 GAMING セット - TSUKUMOショップ

水冷CPUクーラー



簡易水冷でメンテナンス不要なものを選びました。オーバークロック時の冷却効果と静音性で選択しました。通常使用は、リテールのクーラーでも構わないかと思います。

Cooler Master 【HASWELL対応】 CPUクーラー RL-S12M-24PK-J1 Cooler Master 【HASWELL対応】 CPUクーラー RL-S12M-24PK-J1

Amazon


ビデオカード GTX760



グラボはGeForce GTX760を選択。ホントは一つ前の世代のものでも良かったのですが、今後のパフォーマンスと低価格なことを考慮して選択しました。

玄人志向 GeForce GTX760 OCモデル 2GB PCI-E GF-GTX760-E2GHD/OC 玄人志向 GeForce GTX760 OCモデル 2GB PCI-E GF-GTX760-E2GHD/OC

Amazon


8GBメモリ×4



信頼性の高いCFDのメモリを購入。本当は16GB×4でRAM 64GBにしたかったんですが、まだまだ値段が高くて手が出なかったので、8GB×4を購入しました。

CFD-Elixir デスクトップ用DDR3 1600 Long DIMM 8GB 2枚組 CL11 W3U1600HQ-8GC11 CFD-Elixir デスクトップ用DDR3 1600 Long DIMM 8GB 2枚組 CL11 W3U1600HQ-8GC11

Amazon

PCケース Z3 Plus



コストパフォーマンス重視で購入しました。4,500円ほどの価格で必要十分の機能が備わっています。


前面上部にUSB 3.0ポートとUSB 2.0が2つ、ファンコントローラもあります。


2.5inchのSSDもブラケット無しで設置可能。その他、上部にファンが2つ、前面と背面に2つと夏場でも安心の冷却性を持っています。

ZALMAN Z3PLUS ATXミドルタワー PCケース(Z9Plus後継モデル)  ブラック 日本正規代理店品 CS4385 Z3PLUS ZALMAN Z3PLUS ATXミドルタワー PCケース(Z9Plus後継モデル) ブラック 日本正規代理店品 CS4385 Z3PLUS

Amazon

OS


メモリを16GB以上使用するので、Windows 8 ProのDSP版を購入しました。9,800円ほどですが、Windows 8.1 ProへのUpdateも無料で出来るので、Windows 8.1のパッケージ版(15,000円ほど)を買うよりも得です。

Microsoft Windows 8 Pro (DSP版)  64bit 日本語(新規インストール用) Microsoft Windows 8 Pro (DSP版) 64bit 日本語(新規インストール用)

Amazon

電源ユニット



価格コムで売れ筋1位の「SST-ST75F-P」を購入しました。750Wクラスで10,000円ちょっとなのでコストパフォーマンスは高いです。

こちらはビックカメラのポイントが余ってたので、そちらで購入しました。

SilverStone 【HASWELL対応】 STRIDER PLUS SILVER 電源 750W SST-ST75F-P SilverStone 【HASWELL対応】 STRIDER PLUS SILVER 電源 750W SST-ST75F-P


その他のSSDやHDD、ブルーレイディスクなどは既存のものを流用しました。全体的にスペックが上がったのと、OSをクリーンインストールしたことにより、十分満足の行くものが出来たかと思います。


CPUに関しては、Intelの新しいデスクトップ向けモデルのが2015年投入予定の次々世代プロセッサ「Skylake」(2014年モデルはノートとモバイル向けの「Broadwell」)とのこと。

それならば現行の「Haswell」でオーバークロックして使おうという結論に至りました。こういった、パーツ選びや組立なども一つの楽しみになりますよね。


今後使っていく上で分かってくる部分もあるかと思いますので、その時にまた紹介しますね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWillFeelTipsをフォローしよう!


  関連記事

知らないと損する!PLCアダプタを変更することで通信費を節約する方法

日々何気なく利用しているインターネットですが、昔と比べ速度が向上し、定額料金が当 ...

無料 VPN ソフト『Hotspot Shield』が簡単で便利【おすすめ】

第三者にIPアドレスを知られずに、インターネットを閲覧可能な環境にしたり、公共の ...

【Mac】誤ってゴミ箱を空にしたデータを復元するソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」

今回は、誤ってファイルを削除・フォーマットしてしまったファイルを復元することがで ...

iPhoneやiPadで地デジや録画したメディアなどを見る!nasneとDiXiM Digital TV【おすすめ】

NASを利用したメディア環境を整えるのを以前から考えていたんですが、既存のNAS ...

【Hackintosh】OSx86 WinPCにMountain Lion 10.8をインストール

夢見る連載企画第3回目、今回は現在Macの現行OS Mountain Lionで ...

 - PC