QuickWiFi - Flipswitchを使ってWi-Fi接続先をすぐに変更できるiOS10対応のTweak

   


iPhoneを自宅で使用していて、リビングと寝室で距離があり、別のWi-Fiルーターを使用したいと考えたことはなかったでしょうか?

通常なら、設定アプリからWi-Fiを開いて接続先を変更するのですが、毎回やるとなると非常手間に感じます。

今回作成した「QuickWiFi」を使用すれば、ホーム画面やアプリ上から簡単にWi-Fiの接続先を変更できるようになります。

QuickWiFiの機能


ベースとなっているものは「WiPi」というActivatorのTweakです。

BigBossからリリースされているのは、iOS 8までの対応となっており、「WiFi - The Strongest Link」という自動的に強い電波に切り替えるTweakも購入したのですが、うまく動作しない(ネットワークが頻繁に切れる)状態だったため「QuickWiFi」を作成しました。

対応機種

脱獄しているiOS 8からiOS 10.2までのiPhone、iPod touch、iPad

使用方法

ActivatorアクションやPolus/FlipControlCenterなどにQuickWiFiを割り当てて、実行してください。



実行すると、Scanning...と表示され、Wi-Fiピッカーが表示されます。



あとは、接続するSSIDを選択すれば完了です。

既知の問題
  • ロック画面で実行すると2回表示される。
    (パスコードロック時は実行できません)
  • Cancelをするとたまに2回表示される。

QuickWiFiのインストール


ichitasoリポジトリからインストールできます。

http://cydia.ichitaso.com


Tweakセクションにあります。




WiPiの作者の方と連絡してみたところ、アップデートを行うとのことです。

WiPiはコントロールセンターもhookしており、WiFiの長押しでも機能するようになっています。個人的にFlipswitchをインストールしている時は、設定のWi-Fiを開きたいので、設定で変更できるようにプルリクエストしようかと思っています。

また、QuickDoなどを使用されている方の場合、Activatorを入れたくない方もいらっしゃるかと思い、Flipswitchで動作させるように作成してみました。

何かありましたら、コメントかTwitterで教えてください。

それでは!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWillFeelTipsをフォローしよう!


  関連記事

NotifyWiFi 7 – Wi-Fi接続時の通知機能やブラックリストによるWi-Fi強制OFF!

以前、Wi-Fiに接続した際に通知を表示させ、どのネットワークに繋がっているか確 ...

CUIbackup - iOSデバイスのJBアプリや連絡先などをバックアップ・リストアするCUIツール

iPhoneなどJailbreakしたデバイスをバックアップから復元させる時、み ...

LocalSSH Flipswitch - App Store製SSHアプリでもiPhoneに1タップで接続できるように

昨日紹介した「Prompt 2」ですが、いちいちSSHのポートを変更するのが面倒 ...

iPhoneの画面をロックさせたまま表示を回転できるJB Tweak!『UIRotaion for Activator』

iPhoneなどで、普段画面の回転をロックさせて使用している方が多いかと思います ...

【iPhone/iPad】iOS 8などで使われている「.car」ファイルを編集/再圧縮する方法

iOS 7から使われ始めた「.car」という拡張子の圧縮ファイルですが、今までは ...

 - Jailbreak