iOS 8.1 脱獄後の情報をざっくりまとめてみました

      2017/01/08


昨日iOS 8 - iOS 8.1までの全てのデバイスでJailbreakが可能となったわけですが、現段階での状態をまとめてみたいと思います。

脱獄方法

iOS 8.0 – iOS 8.1 Jailbreakツール『Pangu for iOS8』がリリース!脱獄方法まとめ! | Will feel Tips

現在のところ、WindowsでPangu.appをインストール後、SSHを使ってCydiaを入れる形になります。まだデベロッパー向けといったところですね。

対応アプリ


Jailbreakといえば『Cydia Substrateアドオン』所謂Tweakが大きな役割となりますが、現状ではまだ対応していません。

アプリケーション形式のものやコマンドを使ったものは機能します。

主な対応アプリ
  • AppInfo
    CydiaからインストールしたパッケージやRepositoryを確認・Listの出力
    ※ユーザー・アプリケーションはディレクトリが変わったため機能しない
  • DataDeposit
    ※上記同様、起動はするが機能はしない
  • DylibDisabler
    ※Cydia Substrateが機能しないため意味が無い
  • iCleaner Pro
    ※アラートが表示されるが動作はする模様
  • iFile
    ※ioshackさんのパッチで動作するものの、登録が完了しない
    Link:eu.heinelt.ifile_2.0.1-1_iOS8patched_by_ioshack.deb
先にCydiaでiFileをインストールし、SSHでファイルを転送後
dpkg -i eu.heinelt.ifile_2.0.1-1_iOS8patched_by_ioshack.deb
でインストールして下さい。


  • SysInfoPlus
    ※ichitasoリポからインストールで動作
  • MobileTerminal(iOS7)
    Repo:weamdev.org/repo/
  • BytaFont 2
    ※英数字のキーボードが文字化け
  • f.lux
  • SSPatcher iOS 6 & 7 & 8
  • RemoveAdsToggle
    MobileTerminal(iOS7)で「removeads」と実行することで切り替え可能
    (iAdは要Respring)


Cydiaのアイコンを変更する場合



[email protected][email protected][email protected]


ユーザー・アプリケーションの格納場所


/private/var/mobile/Applications/

/private/var/mobile/Containers/Bundle/Application/

uicacheコマンドが効かないためRebootで対処


アイコンキャッシュを再構築する「uicache」コマンドが効かないため、簡単にRebootできるようにMobileTerminalへショートカットで登録しとくと便利です。

su -c reboot root



Repositoryの登録がめんどい



/var/lib/cydia/metadata.cb0
/var/lib/cydia/metadata.plist

この2つを移植すれば簡単に登録完了w

手動でCydia Substrateを動かしてみる



ps aux | grep -i SpringBoard




なんか動きませんでしたw

iFunBoxなどでUSBからrootが見えない


以前は、/System/Library/Lockdown/Services.plistがあったんですが、iOS 8から無くなっており「Apple File Control "2"」を入れても効果がありません。SSHクライアントで操作するしかないのが現状です。

しばらく遊んでみて何か発見したら追記しようかと思います。

追記:Cydia Substrateがv0.9.5013でiOS 8に対応しました!

ただし、対応しているTweakはまだ少なくSafe Modeに入ったり画面が真っ暗になることが有ります。その場合、以下のコマンドをSSHで実行してみて下さい。

touch /var/mobile/Library/Preferences/com.saurik.mobilesubstrate.dat;killall backboardd

追記2:Apple File Conduit "2"がv1.1でiOS 8に対応しました!

これでSSHを使わなくても、iFunBoxなどでroot領域から直接触れるようになりました!

追記3:2014/10/28 Pangu 8.0-8.1.x Untetherがv0.2アップデートしました!

これにより、Safariでエラーが発生する問題、iMessageにて画像が添付出来ない問題、Cydia Substrateが上手く読み込まれない問題が解決したとのことです。

ただし、現段階ではブートループが発生するようでCydiaからはインストール出来ないようになっています。しばらく様子見といったところですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWillFeelTipsをフォローしよう!


  関連記事

TubeSelector - YouTubeユーザーのためのiOS用脱獄Tweak

iPhoneやiPadでYouTubeを閲覧するときに公式アプリやサードパーティ ...

iOS 7.1.x 脱獄ツール『Pangu_v1.0』をiOS 8 betaで動作させる方法

iOS 7.1-7.1.1脱獄ツール『Pangu』ですが、iOS 8.0 bet ...

【脱獄方法】PanguよりiOS 9.2 - 9.3.3が脱獄できるツールがリリース!

本日、PanguよりiOS 9.2~9.3.3に対応した脱獄ツール「PP Pan ...

iPhoneのSpotlightを有効活用する脱獄アプリ「TaskMaster」「SearchCollapse」「SearchAmplius」

iPhoneやiPadのホーム画面から、キーワード検索が行える「Spotligh ...

KillBackground9 - バックグラウンドのアプリをシンプルなボタンで一括終了!iOS 7/8 AppSwitcherにも対応!

Appスイッチャーにシンプルなボタンを追加して、バックグラウンドで動いているアプ ...

 - Jailbreak