iPhoneの画面の明るさを通常よりも暗くする方法【iOS 10対応】

      2016/10/22

non-jailbreak-dimmer-top

iPhoneの明るさを暗くする方法は、コントロールセンターからスライダーで調整できますが、夜に布団で見ると少し明るく感じる方もいらっしゃるかと思います。

今回は、iPhoneの画面の明るさを通常よりも暗くするTipsを紹介いたします。

画面を暗くする方法


この方法は、iOS 8から採用されたフィルタ機能を利用します。

iPhone 7 Plus iOS 10.1

iPhone 7 Plus iOS 10.1 beta4でも動作を確認しました。

Step1. 設定のアクセシビリティを開く

設定のアクセシビリティ

「設定.app」→「一般」→「アクセシビリティ」と進みます。

Step2. ショートカットをズーム機能にする

ショートカット

ホームボタンのトリプルクリックでズーム機能がON/OFFできるようになります。

Step3. ホームボタンを3回早く押してズーム機能を有効にする

ズーム機能メニュー

丸いカーソルのものが出てきたらOKです。

Step4. 丸いカーソルをタップしてメニューを開く

フィルタ機能

丸いカーソル(ズームボタン)をタップするとメニューが表示されます。

Step5. フィルタを選択で「低照度」をタップ

フィルタを選択で「低照度」

そうすると、画面が暗くなります。

Step6. コントロールセンターで明るさを最小にして完了

コントロールセンターで画面を暗くする

こうすることによって、通常よりも画面が暗くなります。

まとめ


これで、暗いお布団のなかでも目に優しい明るさで見ることが出来るように!

通常よりも暗い画面

もとに戻すときはホームボタンをトリプルクリックで戻り、再度また暗くしたいときもショートカットで設定したホームボタンのトリプルクリックで出来ます。

ショートカットに他の機能(AssistiveTouchなど)を設定すると、複数の機能を選択することもできます。

もしお布団のなかで「明るいなぁ」と思ってた方は、試してみて下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWillFeelTipsをフォローしよう!


  関連記事

脱獄なしでiPhoneのシステムファイルを表示することができる『DropCopy Lite』

iOSをJailbreakすると、内部のファイルにアクセスできるようになります。 ...

iPhoneなどのiOSデバイスでUIアニメーションスピードを変更できる『New FakeClockUp』

JBer(iPhone脱獄ユーザ)の間では古くから馴染みのある「FakeCloc ...

脱獄不要!iPhoneのキャリアロゴを変更できるWindows用ソフト『CustomCarrierLogo』

先日紹介した『CarrierEditor』ですが、Macでしか使えませんでした。 ...

Pasteasy - Windows,Mac,iPhone,Android間で画像を含むクリップボードを共有/保存できるアプリ

今回は、WindowsやMac、iPhoneやiPad、そしてAndroidと現 ...

iPhone SEに入れたおすすめアプリまとめ

先日「iPhone SE」を購入して、昨晩やっと環境の移行とセットアップができた ...

 - iPhone, Tips