iPhone 4Sの設定に表示される Update バッジを消す方法

      2014/07/23



タイトルを4Sとしましたが、iPhone 4、3GS、iPod touch、iPadでも有効かと思います。

iOS 5からの機能として、OTA(Over The Air)アップデートが可能となりました。これにより、無線接続での更新ができるようになりましたが、自動的にデータがDownloadされ「設定」アイコンの部分に赤いバッジが付くようになりました。



ユーザーの中には、このバッジが邪魔で気になるという方もいるかと思います。

[email protected] がiOS 5.0のUntethered Exploitを発見し、iOS 5.0の方が紐なし脱獄が出来る可能性が高いということで、そのままにしている方も多いかと思います。

@MuscleNerd も5.0.1リリース時のTweetで「5.0にダウングレードするためのフローが開発されるまで、Jailbreakersとunlockersは5.0.1に上げないように」と発言しています。

Jailbreakers and unlockers should avoid today's 5.0.1 until a flow for downgrading to 5.0 is developed.Thu Nov 10 18:30:40 via web


iBackupBotを使ってアップデートバッジを非表示にする方法


脱獄していないデバイスで強制的に消す方法です。

1.iTunesでデバイスを右クリックし「バックアップ」→終了します

2.「iBackupBot」をDownloadし起動

3.バックアップしたデバイスのファイルを選択して「Path」をクリック

ファイル名順でソートされます。

4.「Library/SpringBoard/applicationstate.plist」を選択しダブルクリック

「Cancel」をクリック(トライアル版なのでRegister画面が出ますが使用はできます)

5.「Ctrl + F」で「com.apple.Preferences」を検索


6.下記部分の「1」を「0」に変更して上書き保存

変更前
<key>SBApplicationBadgeKey</key>
<integer>1</integer>

変更後
<key>SBApplicationBadgeKey</key>
<integer>0</integer>

7.iBackupBotを終了し、iTunesを起動

デバイス名を右クリック「バックアップから復元」で先ほど編集したバックアップファイルを選択し「復元」をクリック。復元が終了し、再起動後に設定のバッジが消えていれば成功です。

※脱獄済ならば、/var/mobile/Library/SpringBoard/applicationstate.plist

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWillFeelTipsをフォローしよう!


  関連記事

iPhoneやiPadなどのキーボード変換学習を1タップでリセット無効化できる『KillKeyboardDict for SBSettings』

 友人や知人、家族や恋人などに自分のiPhoneやiOSデバイスを見せる機会があ ...

[iPhone]ロックスクリーンのテーマを簡単に作成できるアプリ『Clock Builder』

Jailbreakすると、iPhoneのロックスクリーンを自分好みにCustom ...

redsn0wを用いたiOS5.1.1 shshの抜き出しについてまとめ

iPhone 3GS/4,iPod touch 4Gで、現在のバージョンがiOS ...

iOS7のカレンダーが使いにくい!高機能カレンダーアプリ「Staccal」に変えた結果

iOS 7のバージョンアップによって、標準アプリにあった機能が色々と変更されまし ...

【Twitter】iPhoneやブラウザから画像付きで見ているページをシェアできる『TwitShot』

気になったページをTwitterにシェアしたいとき、簡単にサムネイル付きのツイー ...

 - iPhone