【メモリ解放】iPhone 5s iOS7対応のiMemoryGraph/SySight【おすすめ】

      2014/10/16


2013/9/20に発売され、当日に購入したiPhone 5s。iOS 7で一新されたUIや64bit CPUなど、より高性能になりました。

ただ、新しくなったiOS 7はメモリの消費が多く、使っていくうちに動作が重く感じたりします。旧機種では尚更ですね。

そこで、iOS 7に対応していてiPhone 5sでも使えるメモリ解放アプリについて、いろいろと検証してみましたので参考に紹介いたします。


簡単にできるメモリ解放


基本的にメモリ(RAM)は、電源が切れると解放されるので、再起動してあげればOKです。


あとは、バックグラウンドで起動しているアプリをホームボタンダブルクリックから上にスワイプで消してあげれば、リセットされた状態になります。

ただし、最近ではPCでもスリープ状態にして使用するのが当たり前みたいになっているので、実用的ではありませんね。

というわけで、いくつかのメモリ解放アプリを検証し、より効率的な方法がないか探ってみました。

検証に使用したアプリ


Launch Center Pro 2.0(¥500)※記事公開時
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Contrast - Contrast Apps LLC(サイズ: 13.6 MB)
全てのバージョンの評価: (139件の評価)


URLスキームを利用してアプリを立ち上げたり、様々なアクションを行うことができます。




ActMonitor 1.1(¥100)※記事公開時
カテゴリ: ユーティリティ
販売元: Aeonika - Aeonika(サイズ: 7.3 MB)
全てのバージョンの評価: (79件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

実際の空きメモリを確認するアプリ

起動URLスキーム

aeonika-amonitor://



何もしていない状態で「180MB」ほどのFreeメモリです。


電源の再起動で「450MB」ほど。




iMemoryGraph 2.1(無料)※記事公開時
カテゴリ: ユーティリティ, ビジネス
販売元: Junichiro Komizo - Junichiro Komizo(サイズ: 2 MB)
全てのバージョンの評価: (1,949件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

メモリの使用状況をグラフ表示するアプリ。以前はiPhone 5sに対応していなかったが、本日から対応したとのことです。


アドオン(100円)を購入することで、広告除去とメモリ解放機能が追加されます。

メモリ解放URLスキーム

iMemoryGraph://balus





SySight 3.1.1(¥100)※記事公開時
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: Nobuo Saito - Nobuo Saito(サイズ: 0.5 MB)
全てのバージョンの評価: (82件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

メモリ解放機能の付いたシステム監視アプリ。

メモリ解放URLスキーム

sysight://allkill


その他、たくさんの付加機能が付いています。

Link:SySight Support

メモリ解放方法


1.ランチセンターを起動して鉛筆マークをタップ


2.空いてる好きなところをタップ


3.アクションを追加


4.名前とURLスキームを入力



ここが便利なポイントで、スケジュール機能を使って、決まった時間にアクションを実行することができます。


5.あとは、アイコンをタップすれば設定したアクションが実行されます。


結果


iMemoryGraph


705MBほど。




SySight


642MBほど。




SYS Activity Manager


SYS Activity Manager - メモリ, プロセス, ディスク, バッテリとネットワーク 4.0(¥100)※記事公開時
カテゴリ: ユーティリティ, ビジネス
販売元: Appsware - Taslim Sohel(サイズ: 6.2 MB)
全てのバージョンの評価: (2,970件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応


通常のメモリ解放アプリですと500MBほどになります。電源の再起動と同じくらいですね。

結論


iMemoryGraph」の方が強力に不要なプロセスを切りメモリを解放しました。「SySight」については、標準のメモリ解放よりも多く機能しましたが少し控え目な印象。その分、安心感があるのと通知機能など細かい部分が優秀です。


好みにもよるかと思いますが、個人的な使用方法として「iMemoryGraph」をスケジュールで実行、重く感じたときに「SySight」を使うというのがベターかなという結論になりました。

以上、少しでも快適な環境になる参考になれば幸いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWillFeelTipsをフォローしよう!


  関連記事

[iPhone]【動画あり】Twitterの新しいメディアプラットフォーム『Twitter #music』

Twitterが新しいメディアプラットフォームとして、音楽アプリの一般提供を開始 ...

[iPhone]スクリーンショットを一枚に繋ぎ合わせてくれるアプリ『Piiic』

iPhoneやiPod touchでスクリーンショットを撮影するとき、一枚で収ま ...

【おすすめ】iPhone 6 ケースとラウンドガラスフィルム【レビュー】

先日iPhone 6を購入しました。SIMフリーのiPhone 5sとiPhon ...

シンプルでセンスの良いiPhone 4S ケース一覧

iPhone 4Sが発売されてしばらく経ちますが、手に入れた方はどのようにお使い ...

iPhone 7、7 Plus用ヘッドフォンアダプター「Auxillite」

iPhone7 / 7 Plusから廃止になったヘッドフォンジャック。Light ...

 - app, iPhone