iOS 10のシステムフォントやUIサウンドを取り出す方法

   

ios-10-decrypt-top

2016/09/14にリリースされたiOS 10。メジャーアップデートということで、大幅な変更が行われました。

今回は、そのシステムファイルにアクセスしてフォントやデフォルトのサウンド、壁紙などを取り出す方法を紹介いたします。

iOS 10のファームウェア


iOS 9までは、機種ごとに「.ipsw」ファイルが有りましたが、iOS 10以降からある程度まとめられて配信されるようになりました。

iOS 10 IPSWファイルのダイレクトリンク

http://ichitaso.com/ipsw-download-links/

こちらから使用されている「.ipsw」ファイルをダウンロードします。

今回は、iPhone 5sのファイルをダウンロードしましたので、「iPhone_4.0_64bit_10.0.1_14A403_Restore.ipsw」ファイルで説明していきます。

IPSWファイルの分解方法


Windowsなら「7-Zip」Macなら「The Unarchiver」を使用して展開できます。

ios-10-decrypt-01

もともとがzipファイルと同じなので、拡張子がzipかipswだけの違いです。

1.一番大きいサイズの.dmgファイルをマウントする

ios-10-decrypt-02

今回の場合、「058-41234-210.dmg」が2.19GBと一番大きいサイズで、ルートファイルシステム(ソフトのベースとなるファイル)のdmgファイルとわかりました。

iOS 9までは暗号化されており、復号化して上げる必要がありましたが、なぜかiOS 10.0.1はそのままダブルクリックでマウントできます。

Windowsの場合、「HFSExplorer」でdmgファイルを取り扱うことができます。

2.システムフォントやUIサウンドを取り出す

ios-10-decrypt-03

dmgをマウントすると「Whitetail14A403.N51N53OS」というディスクイメージで開くことが可能になります。Macの場合、そのままだとFinderで操作しづらいので、⌘+Option+T → ⌘+Option+Sで使いやすくして下さい。

「/System/Library/Audio/UISounds」にアクセスすると、iOSで使用されているUIサウンドをドラッグ&ドロップなどで取り出すことができます。

ios-10-decrypt-04

「/System/Library/Fonts/」にアクセスすると、システムフォントが取り出せます。

ios-10-decrypt-05

「/Library/Wallpaper/iPhone/」はデフォルトの壁紙です。

まとめ


このように、iOSのファームウェアで使用されているファイルを簡単に取得できるので、そういったのが好きな方は試してみて下さい。

参考:iOS 10.0.1 SpringBoard-Headers

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWillFeelTipsをフォローしよう!


  関連記事

iOS 5 beta 5 対応 jailbreak tool sn0wbreeze v2.8 BETA 5 リリース

2011/08/18 iOS 5 beta 5 対応のWindows向けjail ...

シンプルでセンスの良いiPhone 4S ケース一覧

iPhone 4Sが発売されてしばらく経ちますが、手に入れた方はどのようにお使い ...

脱獄不要!iPhoneのキャリアロゴを自分好みにしてくれる『CarrierEditor』

Jailbreakしなくても、iPhoneのキャリアロゴを好みの画像にしてくれる ...

iOS6対応カメラのシャッター音をマナーモードで消音『SSPatcher iOS 6』

日本時間の本日、2012/09/13にiPhone 5、iPod touch 5 ...

IconCalendar - iPhoneのホーム画面に年月日を表示して便利にしよう!

iPhone 5sを購入して、しばらく使用しているのですが、時間を確認するのはロ ...

 - iOS 10, iPhone