iPhone 5s/5c などの新機種にアプリのデータを移行する方法

      2016/05/22


新しくiPhoneを購入して、今まで使っていたiPhoneアプリのデータを復元するには、iTunesでバックアップから復元を行います。

しかし、Jailbreakなどをしていると不要なデータまで復元されてしまいます。そのため、まっさらな新しいiPhoneとして設定するんですが、通常ですとアプリのデータが消えてしまいます。

今回は、古いデバイスから新しいiPhoneへiTunesを使わずにアプリのデータをバックアップ・復元する方法を紹介します。


LINEのデータを新しいiPhoneへ復元する方法


例として「LINE」の移行方法を説明します。

LINEの場合、アカウントと紐付けられているものが多いので、必ず初めにこちらに目を通してください。

ヘルプセンター | LINE

使用するもの

iFunBox for Windows | File Manager, Browser, Explorer, Transferer for iPhone, iPad and iPod Touch

「iFunbox」をダウンロードして、PCへインストールします。



PCとバックアップしたいiPhoneを接続し、iFunboxを起動→ユーザー・アプリケーションを選択します。



アプリ一覧が表示され、LINEを選択すると中のファイルが表示されるので、「Documents」と「Library」を選択し右クリック



「PCへコピー」でデータを保存します。



次に古いデバイスのLINEを起動し、「その他」→「設定」→「プロフィール」から「アカウント削除」でアカウントを消します。



新しいiPhoneをPCへ接続し、「LINE」をインストール→iFunboxからユーザー・アプリケーション経由で先ほどバックアップした「Documents」と「Library」をドラッグして上書き保存します。



その際、ホームボタンをダブルクリックして、バックグラウンドでアプリが起動していないことを確認してください。



あとは、新しいiPhoneでLINEを起動して、再度SMSによる認証を行えばOKです。



過去に送ったメッセージなど、きちんと復元されているかと思います。

ただし、LINEのIDが変わっているので、連携したゲームなどのデータは引き継いでいないかと思います。その場合は、Facebookかメールによる認証を行なってから復元してください。

注意点


この方法は、すべてのアプリに適用されるわけではないので、パスワード認証などを利用したアプリについては再設定が必要になるかと思います。念のため、iTunesでバックアップを取ってから行うと安心ですね。

Twitterクライアントの「TheWorld for iOS」や2chブラウザの「twinkle for iOS
」に関しては設定の移行が出来ました。




「連絡先」や「Safariのブックマーク」は、iCloudで同期すると簡単に移行できるので、いいかと思います(新しく復元するときにiCloudを使用すれば自動的に同期されます)

【おすすめ】iPhoneアプリ厳選61個についてまとめ | Will feel Tips

また、これを機会にアプリの整理を行うとスッキリするかと思いますので、ご参考まで!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWillFeelTipsをフォローしよう!


  関連記事

iPhoneからVPNを利用して3G/LTEで自宅PCをWol・遠隔操作する方法

iPhoneを使って自宅のパソコンをVPNで電源ON(WOL)、遠隔操作…難しそ ...

iPhone SEに入れたおすすめアプリまとめ

先日「iPhone SE」を購入して、昨晩やっと環境の移行とセットアップができた ...

[iPhone]スクリーンショットを一枚に繋ぎ合わせてくれるアプリ『Piiic』

iPhoneやiPod touchでスクリーンショットを撮影するとき、一枚で収ま ...

Dropboxユーザーに朗報!iOSアプリ「Mailbox」との連携で1GBプレゼント!

今年の3月に、オンラインストレージサービスのDropboxが、iOS用のGmai ...

Amazonタイムセールが安くておすすめ!iPhone 6 Plusケースを購入しました

たまたまAmazonのタイムセールを見ていたら、安くて良さそうなiPhone 6 ...

 - iPhone