[iPhone]iOS6の明るさ自動調整が働かない!そんな時はこの方法で最適化しよう

      2016/03/16


iPhoneやiPadなど、iOS 6から明るさの自動調整が働かないといった不具合があります。

設定でちょっと手を加えてあげると、その問題が解消されるので、その方法を紹介します。


実は、僕自身全く気づかなかったのですが、海外の情報サイト「iMore.com」で、その問題について紹介されていて、試しに手持ちのiPhone 5で実験したところ、反映されていなかったと判明しました(^▽^;)

iOS6で画面の明るさが自動調整されない: Apple サポートコミュニティ

以前からあった問題のようです…。

最適化方法


ポイント:部屋の電気を消して暗くします( ̄ー ̄)ニヤリ

(昼間など明るい時は、指や濃い色のタオルなどで環境光センサーを隠して暗い状態を作ります)




設定 → 明るさ/壁紙を開きます


明るさの自動調節をオフ → スライドバーで調度いい位置にします


明るさの自動調節をオン → 電気をつけてスライドバーが移動したら成功

暗い場所から明るいところに行くときは自動で調整されますが、明るい場所から暗い場所に移る場合、画面に触れずにスリープになる前の一段回暗くなってからか、一度スリープボタンで画面をロックしてからではないと反映されないようです。

※iOS 5.1.1以前も同じ仕様です

ちなみにiPhone 3GSだと、この方法を用いても改善されませんでした。
iOS 5.1.1では有効なことから、Appleのミスと考えられます。

動画でのチュートリアル




http://www.youtube.com/watch?v=RtOIPEitCio





適切な輝度の明るさにしてあげる事で、バッテリーの節約にもなるかと思います。iPhoneやiPadで明るさ調整が機能しないと困っていた人は、やってみてくださいませ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWillFeelTipsをフォローしよう!


  関連記事

iPhoneやiPadで地デジや録画したメディアなどを見る!nasneとDiXiM Digital TV【おすすめ】

NASを利用したメディア環境を整えるのを以前から考えていたんですが、既存のNAS ...

AssistiveTouchをカスタマイズしてiPhoneを便利に使う方法

iOSの機能でAssistiveTouchというものが有りますが、使用している方 ...

新しいiPad向けRetina Display対応の綺麗な壁紙 Part2

前回ご紹介した「新しいiPad向け2048×2048 pxの美しいRetinaデ ...

新しいiPhoneのコンセプトデザイン画像

先日『新しいiPad』としてAppleから発売されたiPad 3rd 「基本的な ...

A5/A6のiPhoneやiPadをダウングレードできる「Odysseus」の使い方

iPhone 4sやiPhone 5などのA5/A6 CPUでも有効なiOSダウ ...

 - iOS 6, iPad, iPhone, Tips