【Hackintosh】OSx86 WinPCにOS X Mavericks 10.9をインストールする方法

      2014/10/22


今回は先日リリースされた、OS X 10.9 Mavericksです。

Snow Leopard 10.6.8をInstallする方法』、『Lion 10.7.4をインストールする方法』『Mountain Lion 10.8をインストールする方法』と紹介してきましたが、今回のOSはFree!無料とのことで手が出やすい感じですね。

もちろん、夢の話ではありますが・・・


PC環境

Wi-Fiに関しては参考です。

1)無線LANカードの選択
ネットワークの項目で成功報告があるものを目安にするといいです。

ぼくが購入したものは、『Broadcom BCM94321MC』楽天で購入しました。

2)miniPCI E-PCI E変換ボード

無線LANカードがノートPCなどのminiPCI Eなので、PCI Eスロットに取り付けられるようにします。
PCI変換 miniPCI E-PCI E変換ボード PCI変換 miniPCI E-PCI E変換ボード

Amazon

こちらの変換ボードとアンテナを2本(無線LANカードのアンテナ取り付け穴が2つのため)購入
無線LAN 無線LAN 対応SMAアンテナ 無線LAN 無線LAN 対応SMAアンテナ

Amazon

3)それぞれを取り付ける


アンテナとカードの取り付け穴にきちんと装着するのがポイント
DIYの要領で少し浮くカード部分を裏から小さいネジで水平になるよう固定

4)マザーボードのPCI-E x1スロットへ装着

役立つ主要なOSx86情報サイト

この3ヶ所は主に英語サイトですが、アカウント登録は必須です。
メールアドレスを入力する必要がありますが、スパムなど一通も来ていないのでご安心ください。

日本語のサイト

  • OSx86jp @ ウィキ:2ちゃんねる新・mac板にある「MacOSX86の夢を語ろう!」スレのまとめなど、本スレのテンプレや時事情報がInsanelyMacの日本語フォーラムよりも速く豊富
  • OSx86 Project @ 私的ウィキ(blog):MacOSX86の夢を語ろう! スレの過去ログやノウハウなど
日本語なので過去ログやテンプレのリンクなど、分かりやすいので参考になるかと思います。

事前準備


1.調査

IntelのCPUに限り動作確認がされています。
OSx86 Project - Wiki」での確認や自分のCPUの型式マザーボードOSx8610.9などのキーワードで検索してみましょう。

ハイスペックな構成で自作するのも、安く仕上げるのも自分次第で決められるので、面白いポイントですね。

2.構成

HDD/SSD単体でインストールする場合、データのバックアップが必須です。

参考:Acronis True Image WD EditionでPCデータのバックアップ

パーティションを切って空いたスペースにインストールすることも可能です。
スタートメニューで「diskmgmt.msc」と入力するとディスクの管理が立ち上がります。
右クリックからボリュームを縮小してあげると、既存のデータを残したまま空き容量を増やせます。

インストールするためにディスクをフォーマットしておきます。

あると便利なフリーソフト:窓の杜 - EASEUS Partition Master

GUIでパーティションを編集できる他、USBメモリのフォーマットなど後からでも簡単にできます。

注意点:Windowsがインストールされたドライブに入れると、電源投入後はMacの方が優先的に起動します。

3.インストールディスク


『OS X Mavericksインストール.app』が必要になります。

OS X Mavericks 10.9(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化
販売元: Apple - iTunes K.K.(サイズ: 5,290.6 MB)
全てのバージョンの評価: (790件の評価)


ダウンロード後はインストールせずに、画面を閉じます。そうすると、アプリケーションフォルダに保存されます。


インストールは、USBメモリを使った方法で行いますので、8GB以上のもの(出来れば2つ)があるといいでしょう。

シリコンパワー USB3.0フラッシュメモリ 8GB Marvel M01 アイシーブルー SP008GBUF3M01V1B シリコンパワー USB3.0フラッシュメモリ 8GB Marvel M01 アイシーブルー SP008GBUF3M01V1B

Amazon

Transcend  SuperSpeed USB 3.0&Hi-Speed USB 2.0 USBメモリ 700シリーズ 32GB 永久保証 TS32GJF700 Transcend SuperSpeed USB 3.0&Hi-Speed USB 2.0 USBメモリ 700シリーズ 32GB 永久保証 TS32GJF700

Amazon

32GBの方はWindowsとMacのデータ移動(MacとWinでexFATフォーマットで共用できるため)用に10GB、あとは3つのパーティション。8GBのものは1パーティションで動作確認など使い分けています。

OS X 10.9 Mavericks のインストール方法


1.インストーラ

今回は、「UniBeast」を使った方法で紹介します。

Link:http://www.tonymacx86.com/home.php

tonymacx86に登録後、Downloads → Software → UniBeast 3.0.xをDownload

また、MultiBeast - Mavericksも合わせてDownloadしておきます。

2.Mavericksのインストールディスクを作成する

実機のMacや前回作成したSnow Leopardで、またはVMwareなどで作成できます。

参考:WindowsのVMwareでMac OS X 10.6 Snow Leopardを動かす方法

1.USBメモリを接続し、ディスクユーティリティを起動します。


パーティションマップ方式:マスター・ブート・レコード
名前:MAinstaller(任意)
フォーマット:Mac OS 拡張(ジャーナリング)

2.「UniBeast」を起動します。


作成したUSBを選択


Mac App Store Mavericksを選択

あとは自動で作成してくれるので、のんびりと待ってください
(およそ20~30分ほど)


インストール完了が表示されたら完成です。

3.MultiBeastと設定ファイルをUSBメモリに入れる

GIGABYTE GA-Z87X-UD3Hでしたら「Z87XUD3H files.zip」こちらのファイルを一緒に入れてください。

via. InsanelyMac Forum

4.USBメモリをセットしてPCを再起動

USBで起動後、作成したインストーラ(USB)を選択

-x -v でブート

・ブートオプション
-x:シングルユーザモード
-v:verboseモード
-f:カーネルキャッシュを無効
GraphicsEnabler=No or GraphicsEnabler=Yes
npci=0x3000
PCIRootUID=0

うまくいかない場合、いろいろ試してみてください。

5.インストーラが立ち上がるのでユーティリティ→ディスクユーティリティにてフォーマット


インストールするボリュームは「GUIDパーティション」「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」を選択して消去します。


ディスクユーティリティを閉じて、ボリュームを選択しインストール完了まで待ちます(5~20分)

6.完了後、再起動し「インストーラUSB」でブート

Mavericksをインストールしたボリュームを選択し初期設定を行います。

※MultiBeastを実行するまでUSB経由でブートします。

MultiBeastのインストールと初期設定


USBメモリに入れておいた「MultiBeast」を実行

ご自分の環境にあった内容で選択、インストールします。

マザーボードが「GA-Z87X-UD3H」の場合、設定ファイルを入れているので、ファイルを展開後、MultiBeastのLoad機能で読み込んでください。

「MultiBeast」のインストール完了後、「Z87XUD3H files」の中に「/Extra/Extensions」に入れるkextと「/System/Library/Extensions」に入れるkextがあるので、そのディレクトリにコピー・作成し、Utilitiesの「Kext Utility.app」を起動して設定します。

完了後、再起動して問題なければOK


Windows起動時に時刻がずれる問題


マルチブートでHackintoshを起動後、Windowsを立ち上げると時刻が大きくずれます。時刻については、毎回インターネット時刻設定を行うのも手間なので以下のようにしています。

1)日付と時刻 → インターネット時刻 → インターネット時刻サーバーと同期するをオフ

2)桜時計のダウンロード : Vector ソフトを探す!

3)スタートアップに「SKRWATCH.EXE」のショートカットを作成

4)設定を以下のようにしています。


サーバ名/IPアドレス:ntp.jst.mfeed.ad.jp
起動時にオンラインにするのみチェック

これで、Winを立ち上げると時刻が自動的に修正されます。

動画でのデモンストレーション




今回のセットアップを行ったところ、「Geekbench 3」のスコアで「iMac (27-inch Late 2013)」を上回る結果を出しました。


新型Mac proとまでは行きませんが、いい夢が見られると嬉しいですね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWillFeelTipsをフォローしよう!


  関連記事

【Hackintosh】OSx86 WinPCにMavericks 10.9 DP2をインストール

夢見る連載企画第4回目、今回は秋に登場予定のOS Mavericksです。 『M ...

Mac本体が無くてもWindowsだけでOS Xをインストールする方法

『Windowsユーザーの方でMac OS Xを動かしてみたい!』 そのような方 ...

Windows上のVMwareにmacOS High Sierra betaをインストールする方法

日本時間 2017/06/06に行われたWWDC 2017にて、macOSの次期 ...

【Hackintosh】OSx86 WinPCにOS X 10.10 Yosemite DP1をインストール

今回は秋に登場予定のOS X 10.10 YosemiteのDeveloper ...

【Hackintosh】OSx86 Mountain Lionを10.8.2へアップデートする方法

『【Hackintosh】OSx86 WinPCにMountain Lion 1 ...

 - Hackitosh