Google マップ上からGoogle+への共有ができるようになりました!

   


2011/09/14
「Google+」で「Google Maps」の情報を共有することが可能となりました。

Google マップで共有したい地図や乗換案内を表示した状態で、右上の「共有」ボタンをクリックすると、Google+に投稿するための「共有ボックス」が表示され、g+へ簡単に情報をShareすることができます。



コメントや共有先のサークルを指定してあげることにより、様々な活用方法があります。

1.友人・知人への連絡として利用




2.個人用のサークルを指定してメモとして保存



(LinkをクリックするとGoogle マップのページへジャンプ)


3.オススメしたい飲食店や施設、イベント等の共有


このような便利な利用方法が可能となりました。

特に、ホームページが無い施設やGoogle マップに登録されていない
新しい施設を紹介するときなどに有効な活用方法かと思います。

Googleのサービスだからできる機能でもあり、今後の発展に期待したいところです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でWillFeelTipsをフォローしよう!


  関連記事

Dropbox 6800万人分の情報漏洩の確認とパスワード変更方法

Dropboxが6800万件を超えるアカウント情報(メールアドレスとパスワード) ...

【脱獄アプリ開発】第10回ichitasoリポジトリ変更のお知らせとCydiaダウンロードカウンタの設置方法

Cydia用のリポジトリが更新するたびにエラーとなってしまったため、新たにURL ...

これは便利!日本の住所を簡単に英語表記にしてくれる『Address translation system』

海外のWebサイトなどで、日本の住所を英語表記にして入力する必要がある場合がたま ...

【Twitter】iPhoneやブラウザから画像付きで見ているページをシェアできる『TwitShot』

気になったページをTwitterにシェアしたいとき、簡単にサムネイル付きのツイー ...

Dropbox招待でのプレゼント容量が2倍の500MB最大16GBにUP!

オンラインストレージサービスDropboxの招待を利用したアカウントの作成で、招 ...

 - Google+, Web service